「母になる」第7話

日本テレビの水曜ドラマ「母になる」の第7話を見ました。

第7話は、元夫の柏崎陽一(藤木直人さん)が息子の広(道枝駿佑さん)と釣りに出かけている間に、「柏崎オート」で雇うことになるかもしれない門倉麻子(小池栄子さん)と会って話し合うことにした山乃結衣(沢尻エリカさん)が、誘拐されて行方不明になった広を拾った、広の育ての母親の麻子さんと、どちらが本当の広の母親かで言い争いになる話でした。

脚本は水橋文美江さん、演出は丸谷俊平さんでした。

息子を誘拐された直後、結衣さんは、週刊誌に追いかけられていろいろな記事を書かれ、世間からもダメな母親として悪口を言われていたようでした。そのような結衣さんの過去を聞いた麻子さんは、広を警察に届けなかったことを結衣さんに素直に謝り、結衣さんも麻子さんを許すことにしたのですが、児童福祉司の木野愁平(中島裕翔さん)から麻子さんの過去を聞いて知っていた結衣さんが、子供が産めなくてかわいそうと何気なく麻子さんのことを言ったことをきっかけに麻子さんの表情が変わると、柏崎オートに雇ってもらいたいという本当の理由は広がいるからなのではないか、本音を言ってほしいと詰め寄り、本音を語り始めた広の育ての母親の麻子さんとケンカになっていました。

広が玄関に靴を揃えたり、父親の陽一さんと馴染んだりしているのは自分がそのように躾をしたからだと、広を9年間育てたことを主張し、広が自分の子供になったことで一番嬉しかったことは、子供はいつ産むの、女性なのにどうして産まないのともう誰からも言われなくなったことだ、広の存在によって自分は解放されて初めて自由になったのだという趣旨のことを言う麻子さんに、結衣さんは、3歳の時のあの子はかわいかったでしょう、あの子は私が産んだのと詰め寄り、あの子がいなくなって世間からは冷たい目で見られたけれどそんなことはどうでも良かった、あなたが広と暮らすようになって自由になったと喜んでいる間に、私が願っていたことは唯一つ、あの子が生きていますようにだった、私はあの子の母親だからと訴えていました。

育ての母親の麻子さんの主張も、生みの母親の結衣さんの主張も、どちらもそれなりに正しいように思えて、そのように作られているのがすごいなと思いました。

今回の中では、結衣さんと麻子さんは結局対立して、麻子さんを柏崎オートに雇うという話もなくなったようでした。でも、結衣さんを「お母さん」と認めた後もまだ「ママ」の麻子さんの写真を机の引き出しに入れている広のことを第一に考えるのなら、二人には仲良くなってほしいようにも思います。広を産んで3歳まで育てた結衣さんと広を3歳から12歳くらいまで育てた麻子さんが、(現実にあったならやはりかなり複雑なことだろうとは思いますが)お互いに相手のことを大事な広の母親として尊敬して感謝し合うようになればいいのかなとも思いました。

結衣さんと麻子さんのケンカの話は一旦終わって、今回のドラマの最後のほうは、木野さんの話になっていました。

結衣さんが麻子さんと会った日は、結衣さんの誕生日でもあったようで、釣りから戻ってきた広と陽一さんと木野さんが、広が幼稚園時代に習っていたダンスを披露していたのですが、翌朝、酔って柏崎家に泊まったらしい木野さんは、柏崎オートに車の修理を依頼しに来た女性とすれ違い、その女性が上牧愛美(大塚寧々さん)と知って驚いていました。

木野さんが形見のように持っている110円は、子供の頃の木野さんが公園の自動販売機の前で友人からもらった110円だったのですが、上牧さんはその友人の母親でした。木野さんの友人だった上牧さんの息子は、木野さんと別れた後に行ったゲーム中に事故で頭を打った状態のまま帰宅し、玄関先で倒れて死亡してしまったようでした。上牧さんは、今は再婚して3人の子供の母親になっていると、小学生の子供の写真を楽しそうに木野さんたちに見せていました。しかし、上牧さんが帰った後、陽一さんと結衣さんは、修理のために預かった赤い車のトランクの中に、子供の服やごみのようなものが乱雑に詰め込まれているのを見て戸惑っていました。

このドラマには、中学生の繭(藤澤遥さん)の母親らしい母親になることができないことに悩む西原莉沙子(板谷由夏さん)の件もあるのですが、麻子さんの件がまだ収まっていない中、子供を事故で失ったらしい上牧さんという「母親」が新しく登場しました。上牧さんと木野さんが柏崎オートで遭遇するという展開には、ドラマらしいというか、また少し世間の狭い話だなというような感じもしたのですが、第4の?母親の上牧さんの存在は、このドラマの「母親とは何か」に必要な存在なのでしょうか。

このドラマの主人公は結衣さんで、息子の広の視点で描かれたものではないのですが、このドラマを見ていると、母親というのは子供が決めるものなのかなという感じもしてきます。母親の側がどれほど私が本当の母親なのだと主張しても、子供がそうだと認めなければ、もしかしたら本当の母親になることはできないのかもしれないなと、(間違っているかもしれませんが)何となくそのようにも思いました。


ところで、これはドラマとは全く関係のないことなのですが、昨日の午後3時頃、J-WAVEのラジオを偶然点けると、開発者の、通りすがりの天才のAR三兄弟の川田十夢さんが出演していました。「イノフェス(INNOVATION WORLD FESTA 2017 Supported by CHINTAI)」というイベントの宣伝のようでした。私は昨年の秋に終わってしまった「THE HANGOUT」という深夜の生放送のラジオ番組を好きで聴いていたので、久しぶりにラジオで川田十夢さんの声を聴くことができたことに少し嬉しい気持ちになりました。ただ、情報弱者でぼんやりの私は、「INNOVATION WORLD」という番組にも川田十夢さんが出演しているということを知りませんでした。川田十夢さんは、仮想現実(VR)とは違う、拡張現実(AR)の話をしていました。私はNHKの教育テレビで放送されていたアニメ「電脳コイル」をとても好きで見ていたので、そこに描かれていたようなものとしては何となく分かるのですが、それにしても、現実を拡張するとは、現実の自分の身体感覚を広げるというのは、一体どのようなことなのでしょうか。夜に見る夢も白昼夢も幻も、拡張された現実でしょうか。五感の中では、視覚や聴覚の情報よりも触覚の情報を作り出すことが一番難しいことのように私には思えるのですが、もしも本当の現実ではない中に視覚の情報に沿った触覚の情報を機械で作り出すことができたなら、それはほとんど現実の存在になるような気がします。川田さんの選曲は、やけのはらという方の「RELAXIN'」という曲でした。また初めて聴く曲でしたが、「リッラクスして気軽に身軽に行こうよ」という言葉と私も日ごろ見かけているような日常風景の歌詞がすてきな明るい曲でした。私も「リッラクスして気軽に身軽に」生きていくことができるといいなと思いました。少し軽やかな気持ちになりました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム