「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」第6話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」の第6話を見ました。

第6話は、何度離婚をした人でも再婚のために気軽に使うことのできる結婚式場の建設を企画した「アナコンダ」との異名を持つリゾート開発会社のワンマン社長の三輪修子(大地真央さん)から仕事をもらうため、接待で気に入られなければいけないと気合を入れる営業三課の佐々木課長(吹越満さん)が、部下の浜崎伝助(通称・ハマちゃん、濱田岳さん)と一緒に三輪社長を案内したブラインドレストランの暗闇にパニックになって転びそうになった三輪社長を助けた男として三輪社長に恋をされ、「かかあ天下」の妻を持つ既婚者であることを隠したまま三輪社長とデートの約束をしてしまう、という話でした。

脚本は山岡潤平さん、監督は石川勝己さんでした。

第6話も、とても面白かったです。ブラインドレストランの場面が暗視カメラの緑色の映像?だったり、夜釣りもするハマちゃんの暗闇に強い視力が活かされるというのも何だか新鮮でした。

「かづさ屋」の店主の小林平太(きたろうさん)と鈴木建設の社長の鈴木一之助(通称・スーさん、西田敏行さん)がブラインドレストランを体験しようとして目隠しをして料理を食べ散らかすという酷い場面も面白かったですし、それに呆れる小林薫(田辺桃子さん)と小林みち子(広瀬アリスさん)の大学准教授の藤岡祐一郎(浦井健治さん)への対応の適度な雑さも面白く思えました。

レストランで助けてくれた手が佐々木課長の手ではなくハマちゃんの手だったと気付いた三輪さんが、佐々木課長に「恋」をしていた時間を、これも接待だと思えば楽しかったと前向きに受け止めていた場面もさわやかで良かったです。強い三輪社長は自分の体験を「運命」を演出する新たな婚活事業に活かしていました。

三輪社長はスーさんの妻の久江(市毛良枝さん)の大学時代の演劇サークルの友人で、三輪社長が好きになった相手が既婚者の佐々木課長で佐々木課長は既婚者であることを隠していると知ったスーさんは、最後、不倫は一応未遂に終わった?佐々木課長を北海道の利尻島の支店に異動させていました。恐妻家の?佐々木課長が妻とのLINEのやりとりに切なくなっているところで終わっていたのも良かったように思います。

あと、今回の最後のほうには、現在「Season6」が放送されている「孤独のグルメ」の井之頭五郎(松重豊さん)が「かづさ屋」のみち子さん「カレイのムニエル・ハニーマスタードソース」を食べに来ていました。一人で食べながら料理の味に感激していた井之頭五郎さんの心の声が全部言い終わらないうちに平太さんやハマちゃんたちに誘われて賑やかな席に移動させられて戸惑っている感じが面白かったです。いろいろ豪華な回でした。次回の放送は再来週になるそうなのですが、第7話もまた楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム