「おんな城主 直虎」第21回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第21回を見ました。

第21回は、井伊の領内で作った綿布を売るため、商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)や家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)と共に浜名湖に面した気賀という港町へ向かい、気賀の商家・中村屋の中村与太夫(本田博太郎さん)に商い先の相談をした帰りに立ち寄った賑やかな市場で少年に銭入れを盗まれた井伊直虎(柴咲コウさん)が、犯人の少年たちを追いかけて行った先で反対に盗賊団に捕まってしまい、井伊の領主だと騒いで自分を解放させようとする中、井伊谷に書状を送り直虎の身代金を要求した盗賊団の頭(柳楽優弥さん)から、領主など先祖に喧嘩の強い者がいたか調子のいい者がいたかだけの、百姓たちが作ったものを奪い取る大泥棒だと言われ、大泥棒にならないような領主の在り方を考え始める、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

行方不明になっていた直虎が誘拐され犯人が身代金を要求していることを知った家臣の中野直之(矢本悠馬さん)は激怒していたのですが、家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)は家臣に身代金の支度を指示し、龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)に相談に行きました。

盗賊団の要求通りに中村屋の前に赤い旗を掲げた直之たちは、馬に乗って山奥の指定された身代金の受け渡し場所へ向かい、その前で現れた賊を斬ろうと構えていたのですが、御堂の中にいたのは毒針で眠らされていた直虎だけでした。賊の目的は馬だと気付いた時には賊たちが直之たちの馬を連れ去るところだったのですが、隠れて見張っていた僧の傑山(市原隼人さん)の矢が賊たちを追い払ったのでした。

政次は龍潭寺の御堂で祈っていたようだったのですが、猫を連れた南渓和尚が直虎の無事の帰国を伝えに来ると、すぐに帰って行きました。今回は政次の場面は少なかったのですが、政次が直之たちとは別の態度で直虎を心配している感じはよく伝わってきたように思います。

直虎の母親の祐椿尼(財前直見さん)と、おとわ時代から直虎の心配をし続けている乳母のたけ(梅沢昌代さん)の動きが連動しているところや、たけが直虎とその娘となった元百姓の高瀬(高橋ひかるさん、高の文字ははしご高です)を比較して、直虎のことを「古いほうの姫さま」と呼んでいたところも面白く思えました。

盗賊が持ってきた里芋?を頑張って食べようとする直虎や逃げるために盗賊の少年を人質に取ろうとして呆れられる直虎も面白かったのですが、領主は百姓に土地を貸し、百姓は領主に作物などを納めるということを当たり前に思っていた直虎が、領主とは大泥棒だと盗賊の頭に言われたことを考え始めるという展開も良かったです。

材木が盗まれたということは材木は売れるということだと考えた方久から、井伊谷の木を材木として売ることを提案された直虎は、盗賊団に木を切ってもらおうと、盗賊の頭に手紙を送って呼び出し、直虎の手紙の通りに一人で現れた盗賊の頭に、お互いに人として等しく卑しいが、卑しいままで生きるのではない方法を探っていきたいというようなことを話し、井伊の材木を切るのを任せたいと交渉しました。尼僧でもある次郎法師の直虎の話を聞き、利益は井伊が7割で盗賊団が3割という提案を受けることにした盗賊の頭は、名を訊かれて、龍雲丸だと答えていました。青空の白い雲が龍の形に伸びていました。

この大河ドラマを見ていると、物語の内容が史実に沿っているのかどうかよく分からないようにも思えてくるのですが、ただドラマとしては単純に楽しいです。喜怒哀楽がはっきりとしていて素直で普通の感覚を持っている主人公の直虎の感情について行くことができているからということもあるのかもしれません。語りの中村梅雀さんのさまざまな「つづく」も良いです。


ところで、NHKのBSプレミアムの日曜日のお昼頃には、「大河ドラマアンコール」として「風林火山」(主演は内野聖陽さん、脚本は大森寿美男さんです)が再放送されていて、私は録画をしつつ見ています。今は第8回「奇襲!海ノ口」までを見たところなのですが、谷原章介さんの今川義元や松井誠さんの北条氏康や佐々木蔵之介さんの真田幸隆といった人物たちも登場し、(見る度に思うことではあるのですが)やはり「風林火山」は面白かったのだなと改めて思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム