「貴族探偵」第7話

フジテレビの「月9」のドラマ「貴族探偵」の第7話を見ました。

探偵の高徳愛香(武井咲さん)は、1年前に死亡した師匠の喜多見切子(井川遥さん)が事故死ではなく実は貴族探偵に殺されていたのではないかと疑い、師匠が亡くなる直前に扱った最後の事件の報告書を読み返していました。

1年前の事件というのは、都倉電子社長の都倉健一(小木茂光さん)が書斎の椅子に座ったまま手首を切って失血死しているのを内縁の妻だった秘書の旗手真佐子(森口瑤子さん)が発見し、前妻の息子の忠仁(藤原季節さん)と娘の江梨子(唐田えりかさん)が元ホステスの妻の光恵(広末涼子さん)を疑う中、現場の管理責任者の交番勤務の巡査の鼻形雷雨(生瀬勝久さん)を犯人が捕まったら手柄を譲ると説得し、事件現場に現れた貴族探偵と競う形で、鼻形さんの協力を得て“密室殺人”の謎を解いていくというものでした。

事件は、執事の山本(松重豊さん)と運転手の佐藤(滝藤賢一さん)とメイドの田中(中山美穂さん)を従えて都倉家に現れた“貴族探偵”の御前(相葉雅紀さん)が最終的に解決したということになったのですが、貴族探偵が解決したように見えたのは、実は喜多見さんが貴族探偵を上回り、被害者の家族を守るために貴族探偵をも利用していたからだったようでした。それを屈辱的に感じていた御前は、事件後、天幕(豪華なテント)の中で喜多見さんにそのことを話していたのですが、さらに喜多見さんは、訊きたいことがあると御前に言い、手帳に何かを書いて破り、メモを御前に渡して、その名前を知っているかと尋ねました。メモを見た御前は顔色を変え、その場では知らないと答えたのですが、喜多見さんが帰った後、秘書の鈴木(仲間由紀恵さん)を呼ぶと、喜多見切子を確実に殺せと命じ、実行方法は任せると伝えました。秘書の鈴木はタブレットPCを取り出して何かを始めました。御前は、喜多見さんが残したメモを燃やしていました。

帰宅した喜多見さんと話していた高徳さんのスマートフォンに、音声検索ソフト「ギリ」の最新バージョンの更新のお知らせが届きました。高徳さんが更新すると、「ギリ」の音声は鈴木さんの声に変わっていました。

師匠の喜多見切子さんの遺品の中から手帳を見つけた1年後の高徳さんは、手帳に書かれていたのが「政宗是貞」だと知ったのですが、「ギリ」に訊いても答えませんでした。

脚本は黒岩勉さんで、演出は金井紘さんでした。

私は、感想を書くことはできなかったのですが、第4話以降も一応見ています。第6話の最後に高徳さんの師匠の喜多見さんが死亡していたということが明らかにされて、今回の第7話は、高徳さんが師匠の喜多見さんの死の真相に近付こうとする回でもあり、探偵の喜多見さんの回でもあり、これまでよりももう物語の少し続きが気になるような気持ちで見ることができたような気がします。

今回にはまた、このドラマの“豪華キャスト”の一人の、仲間由紀恵さんの演じる秘書の鈴木という新しい人物も登場していました。原作の小説を未読の私には、貴族探偵の御前が、名前を知った?探偵の喜多見さんのことを殺せとはっきりと鈴木さんに命じていたのには少し驚いたのですが、御前は実は悪い人だったのでしょうか。それとも、その言葉には何か別の意味があるとか、そのようなことなのでしょうか。

1年前の喜多見さんの最後の事件の内容自体は、「1話完結」のこのドラマのこれまでの事件とそれほどには変わらないものだったようにも思いますが、今回は井川遥さんの演じる喜多見さんが主人公のように描かれていたので、少し別のドラマのようにも見えました。それにしても、フジテレビの「月9」の30周年記念というドラマは、この「貴族探偵」で本当に良かったのでしょうか。感想を書くことができるかどうかは分からないのですが、次回も見てみようかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム