「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第8話

フジテレビのドラマ「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」の第8話を見ました。

公安機動捜査隊特捜班の田丸三郎(西島秀俊さん)は、宗教団体「神の光」に潜入している林智史(真島秀和さん)から、妻の林千種(石田ゆり子さん)を通して、テロの情報を教える代わりにスパイを辞めさせてほしいと頼まれました。苦悩する林とホームセンター内で会った田丸さんは、その後、妻と会った教会で、林と妻を守るという覚書を書きました。千草さんから、明後日文部科学大臣を狙うという自爆テロの情報を得た田丸さんは、吉永三成(田中哲司さん)や樫井勇輔(野間口徹さん)、大山玲(新木優子さん)、稲見朗(小栗旬さん)と、小学校校長会の会場のホールへ向かいました。そして、現れた文部科学大臣を尾行する男を見つけて拘束したのですが、男の鞄は空ででした。田丸さんと稲見さんは、これが神の光教団の罠だったことに気付きました。

その頃、潜入捜査をしていた林さんは、スパイであることが信者に知られ、拷問を受けていました。田丸さんは、千草さんをホテルの一室に匿いました。2年間会っていない夫との離婚を考えている千草さんは、田丸さんを引き寄せようとしていました。

公安総務課長の青沼祐光(飯田基祐さん)は、警察庁警備局長の鍛冶大輝(長塚京三さん)から、目に見えないものが見えないままでは下働きに終わると言われたのですが、林さんを救出したいという田丸さんの要望を拒否しました。

田丸さんは、借金のあった在家信者の林さんを脅したり宥めすかしたりしながら説得してスパイにしたが、それは自分の好みの女性だった林さんの妻の千種さんを夫から遠ざけるためでもあったかもしれないということを稲見さんに打ち明け、吉永さんの机の上に退職届を置きました。

林さんを奪還するため、神の光教団の施設へ一人で向かった田丸さんは、その門の前で、稲見さんと大山さん、吉永さん、樫井さんたち特捜班の仲間と合流しました。樫井さんが仕掛けた爆弾が施設のそばで爆発し、信者たちが出て来ると、特捜班の面々は施設内に突入し、信者たちと戦いながら上の階に進みました。拷問のために意識をもうろうとさせていた林さんを見つけて連れ出した田丸さんと稲見さんがなおも戦いながら階を下りると、信者たちの集団が待ち構えていました。しかし、そこに青沼さんの率いる警察の機動隊が突入してきました。青沼さんは、特捜班はここに来なかったことにするといい、早く林を連れて行くよう指示しました。神の光教団は、テロ集団として警察の捜査を受けることになりました。

青沼さんは、林千草を2年間海外へ移住させた後帰国させようと考えていたのですが、目に見えないものに目を向けるよう話していた鍛冶さんは、夫がスパイであることを教団に密告した千草さんを帰国させないよう命じていました。その後、日本を発つ千草さんを見送った田丸さんは、千草さんと会っていた教会で誰かに話しかけられていました。

原案と脚本は金城一紀さん、演出は白木啓一郎さんでした。

安倍首相や与党の自民党が提案する、共謀罪の要件を含むテロ等準備罪を創設する組織犯罪処罰法改正案が可決・成立されたなら、今回のドラマの神の光教団のような宗教団体の人々は、“芋蔓式”に“一網打尽”的に、逮捕されることになるのでしょうか。

ドラマの中の神の光教団は、文部科学大臣の命を狙っているとして公安に常々マークされていたものの、具体的な証拠がないので逮捕されていないということだったのですが、しかし、神の光教団が文科大臣を常に狙っているということはドラマではほとんど描かれていませんでした。そのため、公安警察がそう考えていたに過ぎないのではないかという風にも見えました。

もしもそうだとしたら、改正組織犯罪処罰法では、例えば神の光教団が実は自爆テロを計画していなかった場合には、一体どのように逮捕するというのでしょうか。神の光教団がテロを計画していたと、公安警察が証拠を捏造するなどして犯行の未遂を断定する以外にはないのではないでしょうか。今回のドラマの、空の鞄を持って文科大臣の後方を歩いていたいた神の光教団の信者(自爆テロをする人のように見せかけていました)のしたことが罪に問われるとしたら、それは公務執行妨害ということなのではないかと思うのですが、神の光教団がテロ事件を本当に計画していたか計画していなかったかは、本物の神様にしか分からないことで、本物の神様にしか分からないことで捕まるとしたなら、それは冤罪や捏造された罪になってしまうのではないかなと思います。

結果的に公安に捕まった神の光教団の信者たちが、もしも本気で文科大臣への自爆テロ?を画策していたのだとするのなら、神の光教団の信者たちは、内部のスパイを炙り出すことなどよりも、そちらを優先するべきだったのかもしれません。

現実の世界の報道によると、安倍政権の金田法務大臣は、自然環境や景観の保護を主張する団体は目的が正当と考えられ、重大な犯罪を実行することにあるとは考えられないので座り込みを計画しても処罰の対象にならない、としていた以前の説明を、対外的には環境保護や人権保護を標榜していても、それが隠れ蓑で、結び付きの基本的な目的が重大な犯罪を実行することにある団体と認められる場合には処罰され得るという説明に変えたそうです。

そのような団体の構成員について、金田法務大臣は「一般の方々とは言えないことは当然だ」と述べたそうなのですが、277の対象犯罪(政治家や警察官が起こしそうな犯罪は対象外となっているそうです)には市民団体などに適用される可能性がある組織的威力業務妨害罪などが含まれていて、現在でも市民団体のメンバーに威力業務妨害罪が適用される場合があるそうです。団体が組織的犯罪集団に当たるかどうかについて、金田法務大臣は、捜査機関が刑事訴訟法の規定に従い収集した証拠に基づいて、社会通念に従って判断して認定すると言い、組織的犯罪集団だと確実に認められなくてもその嫌疑が客観的にある場合には捜査を開始できる、と述べたのだそうです。

政府は、法案が衆議院を通過するまでは、「組織的犯罪集団と関わりがない一般人は捜査の対象にならない」と繰り返していましたが、組織的犯罪集団かどうか分からなくても捜査する場合があることを認めたということでした。公共放送だというNHKは、天皇陛下の退位(譲位)に関する「特例法案」についての今日の衆議院での審議の様子(なぜか安倍首相は出席せず菅官房長官が答えているようです)は生中継の放送をするようですが、共謀罪や加計学園の問題についての質疑のある国会中継は放送していません。前文部科学省事務次官の前川喜平さんの証人喚問を拒否している安倍政権は、学校法人・森友学園との交渉記録などの公文書の残る財務省のパソコンの電子データ類も国民に黙って廃棄することを決め、東京地方裁判所も古田孝夫裁判長がその証拠保全の申し立てを却下したそうですし、森友学園問題の解説時に情報番組などに出演して安倍首相を擁護していた安倍首相のお友達の山口敬之というジャーナリスト?による詩織さんという女性への性犯罪を、菅官房長官の秘書官だったという警視庁の元刑事部長で警察庁の刑事局組織犯罪対策部長の中村格さんという人がもみ消して隠蔽しようとしたそうですし、安倍首相は、処罰範囲は明確かつ限定的なので捜査機関による恣意的な運用はできない、「テロ等準備罪」の創設は国民の権利や自由を不当に制約するものではない、というようなことを言っているそうですが、(法案が可決・成立した場合には)数年後か数十年後の社会の中で、それがやはり嘘だったということが明らかになっていくのかもしれません。

田丸さんが林さんを説得して辛いスパイ活動をさせている間、林さんと離婚したがっていた妻と「不倫」のような関係になっていたこともなかなか酷いことのように思えたのですが、信者に気付かれて拷問されていたスパイの林さんは、田丸さんと稲見さんに救出された時にはまだ生きていましたが、脳震盪や脳出血などで近いうちに死亡することもあるかもしれないなということも少し思いました。

第8話も、第5話や第6話の続きのような話でしたが、神の光教団というカルト的な新興宗教団体の実情や、スパイの任務を解かれた林智史さんのその後は特に描かれていませんでした。教団施設内での田丸さんや稲見さんたちのアクションシーンには迫力がありましたが、お互いに暴力を振るい合う特捜班の捜査員たちと信者たちのどちらが“テロリスト”なのか分からなくなるという感じでもありました。次回にはまた新しい事件が描かれることになるようでした。次回もそれなりに楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム