「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」第7話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」の第7話を見ました。

第7話は、いつものように海釣りを楽しんでいた営業三課の浜崎伝助(通称・ハマちゃん、濱田岳さん)と鈴木建設の社長の鈴木一之助(通称・スーさん、西田敏行さん)が、釣りガールで女子大学に通う就職活動中の祐実さん(真野恵里菜さん)と出会い、褒めるの上手な祐実さんと二人だけで釣りに行こうとするスーさんがハマちゃんにまた嘘を吐こうとしてケンカになってしまう、という話でした。

脚本は佐藤久美子さん、監督は石川勝己さんでした。

第7話も、面白かったです。登場した時の字幕に名前しか出ていなかった祐実さんは、ドラマの前作の「釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~」の、談合疑惑のスキャンダルで鈴木建設を辞めた貞松元専務(佐戸井けん太さん)の娘でした。

「目安箱」を作って社員たちから社長への前向きな意見を聞こうとしたスーさんが社員たちから「ケチ」と思われていることにショックを受けたり、岡本専務(名高達男さん)や秋山営業本部担当常務(伊武雅刀さん)や野上常務 (小野了さん)が社長の機嫌を取ろうとして社員のメッセージを捏造したり、スーさんの飲み会の誘いを植木秘書課長(猪野学さん)が婚活パーティを理由に断ったりしていたのも面白かったですし、社員からのクレームの当初に不機嫌になるスーさんと、部下の貞松専務に裏切られたスーさんが怒り心頭で送っていた恨みの手紙を社長に励まされたと感謝する貞松元専務の対比も良かったように思います。受け取り方次第なのだなと思いました。

祐実さんの父親だった貞松元専務は、鈴木建設を辞めた後に送られてきた社長の手紙を、社長が自分を励ましているものと思い、カフェの経営を頑張っていたようでした。

小林みち子(広瀬アリスさん)が、スーさんとの釣りに行くことができなくなったハマちゃんとデートに出かけた日に、祐実さんに教えられたという実家のカフェに出かけて貞松元専務と再会する(ハマちゃんはほぼ忘れていましたが)という展開も良かったですし、祐実さんと釣りをして機嫌良く「かづさ屋」に来たスーさんが、祐実さんは貞松元専務が送った刺客だったのだとハマちゃんに脅かされ、祐実さんに暗殺されることを妄想して怯えるスーさんの場面も面白かったです。

父親のことでスーさんに感謝していた祐実さんは、その後、スーさんのライバルの甘粕賢三郎(松平健さん)が社長を務める邦栄建設の内定が決ったということでした。

一方、「かづさ屋」にパリ留学時代の恩師を連れて来た大学准教授の藤岡祐一郎(浦井健治さん)は、パリの大学へ行くことに迷っていたようだったのですが、みち子さんに指輪を見せ、一緒にパリに行かないかとプロポーズをしていました。みち子さんは、最初はただ驚いていただけだったのですが、ハマちゃんが「かづさ屋」に入って来ると、ハマちゃんに見つからないように、藤岡さんの持っていた指輪を箱ごと素早く取って隠していました。

先週の放送はお休みだったので、久しぶりに見たような感じもしたのですが、予告によると、「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」は次回が最終回だそうです。最終回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム