「おんな城主 直虎」第23回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第23回を見ました。

第23回は、盗賊の頭の龍雲丸(柳楽優弥さん)たちと宴会をした翌朝、菩提寺の御本尊が井伊にいると噂の盗賊に盗まれたと小野但馬守政次(高橋一生さん)のもとを訪れて相談に来た今川の目付の近藤康用(橋本じゅんさん)に龍雲丸たちの身柄を引き渡すことになった井伊直虎(柴咲コウさん)が、中野直之(矢本悠馬さん)に命じ、政次の案内で急ぐ近藤康用が到着する前に龍雲丸たちに知らせて逃がすよう画策し、直之が知らせる前に逃げていた龍雲丸たちの行方を近藤康用が連日探す中、南渓和尚(小林薫さん)から、井伊の当主として一連の騒ぎのことを謝って近藤康用の菩提寺に代わりの御本尊を寄進するよう勧められる、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は深川貴志さんでした。

南渓和尚と一緒に近藤康用の菩提寺を訪れた直虎は、龍雲丸たちが盗んだのではないのにと思いながらも近藤さんに謝っていたのですが、その後、南渓和尚が寄進をするためにも御本尊の観音様の大きさを測りたいと申し出ると、近藤さんと僧侶と4人で盗まれた現場に残されている厨子を見に行ったのですが、僧侶が開けた扉の内側にはちゃんと観音様がいました。南家和尚が手に取って確認すると、それは近藤さんが話していた通りの康久仏師作の観音像でした。

近藤さんは、以前に自分たちの領内の材木を盗んだ盗賊たちを捕まえて処罰するために、直虎を騙して言いがかりをつけていたのでした。動揺する近藤さんに、南渓和尚は、観音様が自ら戻って来られたと言って近藤家の僧侶と共にお経を上げ、あの者たちを許してほしいと頼みました。

南渓和尚は、帰り道を直虎と歩きながら、龍雲丸が夜中に龍潭寺を訪ねて来て自分は盗んでいないと言ったと話し始め、種明かしをしていました。南渓和尚は、相談しに来た龍雲丸と一計を案じ、南渓和尚と直虎が菩提寺で近藤さんと和尚さんと話している隙に、近藤さんによって隠されていた御本尊を見つけ出し、密かに元の状態に戻していたのでした。

龍雲丸が井伊に戻ってきたことに喜んでいた直虎は、直之から、近藤さんが到着する前に龍雲丸たちを逃がした女性がいて、それはどうやら小野家にいるなつ(山口紗弥加さん)らしいと教えられました。政次が事前に、咳払いをしたらあの者たちを逃がしてほしいとなつさんに頼んでいたのでした。直虎は、政次が井伊を守っているということを改めて感じたようでした。

直之の勧めで龍雲丸たちを井伊に召し抱えることにした直虎は、政次に相談に行き、龍雲丸たちが捕まったらまた直虎が騒ぐからと答える政次から、反対はしないと言われ、井伊のためにあの者たちを使うのは良いがあの者たちのために井伊を使うことのないようにと忠告されました。そして、龍雲丸に会いに行き、元々は武家の出なのだろうと話し、家臣にならないかと提案した直虎は、お給料の銭を受け取りに来るまでに決めるという龍雲丸の態度を見て、あれは来ぬな、とがっかりしていたのですが、龍雲丸たちは話し合って、井伊に残ることを決めました。

お給料を受け取る日、直虎は、龍雲丸たちが井伊の館に現れるのを楽しみに待っていました。空には龍の形をした雲が出ていて、それを見上げていた龍雲丸たちはこのまま無事に到着するのだろうかと、ドラマを見ていた私は勝手に少し心配になっていたのですが、大丈夫でした。龍雲丸たちは、無事に直虎たちのもとに到着しました。

しかし、お給料を受け取った龍雲丸は、家臣になるかという直虎の誘いに、突然、断りますと宣言し、なぜなのかと驚く直虎たちに、空に雲が見えたからと答えていました。龍雲丸の不思議な断りの理由を聞いた政次は、少し笑っていました。

龍雲丸は、お家断絶をさせられた武家の子供だったようで、手下のモグラ(マキタスポーツさん)にお家を再興できるのではないかとも言われていたのですが、武士に戻ることには迷っていました。仲間たちにはそのまま井伊に士官するよう言っていたのですが、そこで今回の物語は終わってしまったので、龍雲丸や仲間たちがどうするのかは、分からないままです。

第23回は、盗まれた御本尊の謎と龍雲丸たちがすぐに逃げることができた謎が解き明かされていくところも面白かったのですが、予告によると、次回には、今川家や松平家の登場する歴史の話に戻るようでした。次回の「おんな城主 直虎」の物語も楽しみにしたいと思います。


ところで、先日の土曜日の夕方頃、NHKでは「大河ドラマ『おんな城主 直虎』コンサート ~戦う花・直虎の愛~」が放送されていました。約55分の放送で、私は録画をしておいたものを後で見たのですが、昨年の「『真田丸』コンサート」?の時とは異なり、「おんな城主 直虎」の音楽が多く、塩谷哲さん(確かにムロツヨシさんに似ているように思いました)のピアノのテーマ音楽の演奏で始まり、政次を演じる高橋一生さんが「直虎」の物語を朗読をしたり、おとわを演じていた新井美羽さんが「竜宮小僧のうた」を歌ったり、佐名さんを演じていた元宝塚歌劇団の娘役の花總まりさんが「Love.for you 永遠に~」という曲を歌ったり、高橋一生さんとゲストの藤井フミヤさんが「Little Sky」を一緒に歌ったりしていて、最後まですっきりと楽しく見ることができました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム