「おんな城主 直虎」第25回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第25回を見ました。

第25回は、武田家への塩留(塩止め)を利用して密輸をして儲けていた商人たちが取り締まりの強化された今川の治める駿府を離れて町衆が今川にお金を支払って治めている自由な気賀村へ流れ始めていた頃、お寺の修復のために井伊の材木を買いたいという商人が気賀の商家・中村屋の中村与太夫(本田博太郎さん)の仲介で見つかったことを喜ぶ井伊直虎(柴咲コウさん)が、「井」の焼印を押してまとめてその成川屋へ売った直後、井伊が材木を売った先の成川屋が三河とつながっていることを知った今川氏真(尾上松也さん)に謀反の疑いをかけられてしまう、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は藤並英樹さんでした。

氏真に呼び出された井伊家の家老で今川の目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)は、氏真の側近の関口氏経(矢島健一さん)を連れて井伊の館へ行きました。謀反の疑いをかけられた直虎は、材木を取り戻すため家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)と商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)を気賀へ向かわせ、井伊谷を出た後気賀に戻って万事屋の「龍雲党」を旗揚げをしていた元盗賊の龍雲丸(柳楽優弥さん)たちの協力を得て、成川屋へ売った材木を急いで買い戻し、井伊家の忠義を疑う今川氏真に対して今川家への忠義を示すことに成功したのでした。

龍雲丸たちは、「尼小僧さま」の直虎のためならと、航行中の?成川屋の船に乗り込み、方久と六左衛門の説得に応じた成川屋の船で駿河へ引き返していました。その時の楽しそうな感じが良かったです。

前回の最後に登場した、井伊家を去った乳母のたけの代わりにやって来た姪のうめ(梅沢昌代さん)は今回にもいました。うめの登場も面白かったのですが、うめだということは一言も言われていなかったので、前回を知らずに今回の話を見た人には、たけに見えたのではないかなと思います。

六左衛門や方久たちが井伊の刻印の入った材木を買い戻しに行っている間、今川へ申し開きに行くよう命じられていた直虎は、中野直之(矢本悠馬さん)と結託して何かの毒を飲み、熱を出して寝込んで時間を引き延ばしていたのですが、直虎が本当に熱を出しているかどうかを今川家の目付として検めるために部屋に来た政次が、布団をかけて寝込んでいる直虎の頬に冷たい手を当てて冷まそうとしていた場面も、(少女漫画的でもありましたが)とても良かったです。

政次が亡き弟の妻のなつ(山口紗弥加さん)の自分への思いを拒否した場面の後だったということもあるのかもしれないのですが、熱を出して横になっている直虎が頬に政次の手の冷たさを感じて、政次は昔から誰よりも冷たいと答えていたのも良かったです。政次の手が冷たいというのは、手が冷たい人は心が温かいという、あの言い伝えのことを表していたのかなと思います。他の登場人物と直虎との場合もそうなのかもしれないのですが、幼馴染である直虎と政次との絶妙な距離感が良いです。

予告によると次回にも井伊の材木の話は続くようでした。次回の物語も楽しみにしていようと思います。


ところで、NHKのBSプレミアムで再放送されている2007年の大河ドラマ「風林火山」(脚本は大森寿美男さん)は、昨日で第13回になりました。

武田信虎(仲代達矢さん)を駿河の今川家へ送り届けた山本勘助(内野聖陽さん)は、武田家の重臣の板垣信方(千葉真一さん)に頼み込み、武田家の家督を継いで新しい当主となった武田晴信(市川亀治郎さん、現・市川猿之助さん)にその巧妙な作戦が面白がられて、破格の待遇で正式に武田家へ仕えることが決まったものの、生まれたばかりの次男の信親が疱瘡で失明したことに苦悩する三条夫人(池脇千鶴さん)に疎まれ、重臣の甘利虎泰(竜雷太さん)たちには怪しまれて能力を試されることになり、一時滞在した地侍の家の息子の春日源五郎(田中幸太朗さん)に湖の船を動かしてもらうという作戦で、冬の朝の「鬼美濃」の原虎胤(宍戸開さん)との「戦」を制していました。

春日源五郎は後の香坂虎綱(香坂弾正)で、武田信玄の側近の駒井政武(高橋一生さん)と共に「甲州法度」を編纂した人なのですが、田中幸太朗さんの演じる源五郎は、今見てもさっぱりとした、さわやかな雰囲気で良かったです。嘉島典俊さんの演じる信玄の弟の武田信繁も、相変わらず良いです。それから、第13回を見て、勘助も、今の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の直虎と同じように、孫子の兵法の「戦わずして勝つ」の考えを評価していたのだなということを改めて思いました(偶然でしょうか。それとも、孫子の兵法の中ではこの考えが一番有名なのでしょうか)。第14回からはまた新章が始まるようです。武田の孫子の旗も作られることになり、晴信の異母妹の禰々(桜井幸子さん)の夫である諏訪頼重(小日向文世さん)の娘の由布姫(柴本幸さん)が武田家に行くことになる運命も動き出すようでした。2007年の当時にも見たのですが、これからの再放送の「風林火山」も楽しみにして見ていこうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム