今の日本が約30年前の韓国に似ているのかもしれないということ

日曜日には、東京都議会議員選挙が行われるそうです。都民ファーストの会の代表でもある小池百合子東京都知事は、報道によると、自民党に離党届を出したそうなのですが、離党届が正式に受理されていないため、まだ自民党に在籍しているのだそうです。自民党と都民ファーストの会は、築地市場の豊洲移転という政策でも一致していますし、対決姿勢を見せてはいますが、実際には「対決」はそれほどしていないのではないかなと思います。

ところで、ツイッターの情報として先日に見た、みひょんさんという方が27日に投稿なさっていた「1980年代の韓国の話です。が、激しい既視感しか無い…」の写真の書籍の1ページの一部に書かれている文章の内容が、今の日本のことを表しているようにも思えて、私もとても驚きました。

先ほど知ったのですが、みひょんさんによると、出典は、韓国のチェ・ギュソクさんという方の『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』という「1987年6月韓国民主化闘争30周年」の本で、漫画だそうです。日本語訳は、『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』の作者の加藤直樹さんだそうです。私は未読なのですが、今の(安倍政権下の)日本が、1980年代という昔の韓国に似ているらしいということが衝撃的でした。時代は繰り返す、という言葉がありますが、ある悪い思想を持つ政治家は時代や国を超えて世界各地に繰り返し出現するということでもあるのかもしれないなと思いました。

それにしても、私自身はまだツイッターの会員ではなく、時々何かの検索で誰かのツイッターの文章を読むというくらいなのですが、そこでの情報は本当に呟くように次々と新しい情報が足されていく流動的なもののように思え、良い情報が紹介されているのを見てもすぐに他の新しい情報の流れの中で分からなくなってしまう(後日探し出すことが難しくなってしまう)というようなところは、少しもったいないことであるようにも思えます。(あるいは、単純に私が知らないだけで、過去の情報を簡単に探し出す機能があるのかもしれませんが。)
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム