「おんな城主 直虎」第26回と、東京都議会議員選挙のこと

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第26回を見ました。

第26回は、龍雲丸(柳楽優弥さん)たちが三河に渡りそうになっていた井伊の材木を成川屋取り返したことで今川氏真(尾上松也さん)からの疑いを晴らすことができた井伊直虎(柴咲コウさん)が、駿府にそのまま留め置かれることになった井伊の材木を使って今川が気賀に城を築こうとしていることを知り、お金を払って治めている気賀に武士が介入するようになることに反発する中村屋の中村与太夫(本田博太郎さん)や伊勢屋(松尾貴史さん)、熊野屋(小倉一郎さん)、鈴木屋(前田淳さん)、舞坂屋(春海四方さん)たち町衆や、龍雲党の頭の龍雲丸と話し合おうとする話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

自由な気賀の町は今川の領土内にある高度な自治区だったというようなことなのでしょうか。今川が気賀に築城しそこに浜名湖一帯を治める大沢基胤(嶋田久作さん)が入るかもしれないと知った気賀の町衆たちは、最初は全員が反対していたのですが、材木に放火をするなどの過激なことをして反発する龍雲丸に加勢する町の人々や、その隙を見て今川の家臣たちを相手に商いをする町の人々との間で分断されるようになってきたことから、反対し続けていても良くないのではないかと諦めた二人の町衆が今川に頭を下げに行く事態になり、町衆たちの意見も反対派と容認派で二分されるようになっていました。

気賀に城を築かれたくないという龍雲丸たちを助けたい直虎は、今川の目付で井伊家の家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)から、お前はどこの殿なのかと感情的に叱責される中、今川の命令には逆らわないと断言して気賀の町衆たちとの話し合いに向かいました。政次は、今川からの謀反の疑いが晴れたばかりの直虎と井伊がまた危機に陥るかもしれないことを心配していました。今回の政次は、直虎のことを「お前」と呼んだり、直虎の着物の裾を急に足で踏みつけて止めたり、今までよりも感情的になっていたように思うのですが、それは直虎や井伊を心配していたからなのかもしれませんし、あるいは直虎がまた龍雲丸に関わることになったからでもあったのかもしれません。

町衆たちの話を聞いた直虎は、町衆たちが反対しているのはお城が築かれることではなく商いの自由がなくなることだと気付き、お城を受け入れることを条件に交渉するのはどうかと提案し、中村屋たちはその提案に納得していたのですが、龍雲丸だけは戦になればお城を目がけて攻撃されるのだと、気賀の町の人々がお城のために危険にさらされるようになるかもしれないことを訴えて反発し続けていました。どこかの国の当主の嫡男だったらしい龍雲丸は、父親がお城を守ろうとして死んだということの理不尽さに苦しんでいました。

直虎は、気賀を出て行くと言う龍雲丸に、頭が望むような場所は日の本のどこにもない、自分たちで作っていかなければいけないと話して説得しようとしたのですが、龍雲丸は、出来もしないことを言うなと怒っていました。どうするべきかを直虎が家臣の中野直之(矢本悠馬さん)や奥山六左衛門(田中美央さん)と考えていると、一緒に考えていた“お金の犬”の商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)が、気賀に築かれたお城には大沢家ではなく井伊家が入ればいいのではないかというアイデアを新しく思いついて直虎に提案していました。

気賀に井伊が入るというのは良い考えだけれどそのようなことが本当にできるのだろうか、最終的には気賀は井伊家が治めていたのだろうかと、歴史に疎い私が漠然と思いつつ面白く見ていたところで突然中村梅雀さんの「つづく」となり、今回は終わっていました。井伊は今のところ材木の儲けが出ていないような気もするのですが、井伊が気賀を治めるのかどうかの話になるらしい次回の物語も楽しみにしたいと思います。


ところで、昨日には東京都議会議員選挙の投開票が行われました。都議会議員選挙は、衆議院や参議院などの国政の選挙の場合とは違って、主に中選挙区制です(中選挙区制は党ではなく候補者個人に投票をするので、小選挙区制度の時のような謎の“繰り上げ合格”がないところが良いです)。投票率は51・28%で、前回の43・50%から7.78ポイント上昇したのだそうです。

開票の始まる時間は夜8時ということで、この大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第26回の放送時間の頃(夜8時15分からでした)には、私はテレビ東京の「池上彰の都議選ライブ」をテレビに点けておくことにしました。その恒例の池上彰さんの「選挙ライブ」を中心に、時々東京MXテレビの堀潤さんの「選挙クロス」を見ていました。“池上無双”やまだ使われるかどうか分からない豊洲市場(ブースのように分かれた店舗用の小部屋が狭いという件はどうなったのでしょうか)へのバスツアーなど、今回も面白かったのですが、池上さんのインタビューを断ったという候補者が誰なのかもその場で教えてほしかったように思いましたし、小池百合子さんのインタビューの時には自民党の離党届が受理されているのかどうかを直接訊いてほしかったようにも思いました。

選挙の結果は、小池百合子東京都知事が代表を務める都民ファーストの会が圧勝し、与党の都議会自民党は歴史的な惨敗をしたということでした。ニュース番組でも伝えられていた、秋葉原の街頭での応援演説に来た自民党総裁の安倍首相が(安倍首相を集まった人々に紹介する際に石原伸晃さんが自民党の議員でありながら国民に対して総裁の安倍晋三さんに対して敬語を使っていたところも少し気になりましたが)、「安倍辞めろ」、「安倍帰れ」コールを叫び続ける国民(今回の方たちは“反安倍”のプラカードと一緒に日の丸の旗も持っていました)に向かって「“こんな人たち”には負けない」と言い返していたことにも驚きました。驚きましたが、知性的ではなさそうな安倍首相らしい感じもしました。その秋葉原の場所には、幼稚園の閉園が決まったこと(子供たちが園長の籠池夫人に向かって自由に発言をする様子が私には少し意外でした)が報じられていた学校法人・森友学園の、安倍首相夫妻に裏切られた籠池前理事長夫妻も来ていたようで、安倍首相に返すための本物の?100万円を持参していた籠池さんが警察に強制連行されているような映像には驚いたのですが、その場の混乱を少しでも減らすために場所を移動させられていたということだったようでした。(7月4日の追記:秋葉原で安倍首相が自分に批判的な市民たちを指して「こんな人たち」と言ったことについて訊かれた菅義偉官房長官は、民主主義国家だから発言は自由だという風に答えたそうです。でも、市民が権力者(為政者)である首相を批判することと、首相が市民を批判することは、全く違うことであるように思います。安倍首相の政治を批判する国民の言動が安倍首相への「誹謗中傷」とされることもおかしいように思います。昨夜にはアメリカのトランプ大統領自身がCNNの記者を殴っているような動画を自らツイッターに上げたということも報道されていましたが、日本もアメリカも政治指導者の質が低下しているのかもしれないということを改めて思いました。)

国民への失言(失言という言い方であっているのか分かりませんが)や暴言を繰り返したり、国会や三権分立の原則を軽視したり、共謀罪の法案(「改正組織犯罪処罰法」には政治家の罪は含まれないそうです)の説明を尽くさなかったり、自分たちに都合の悪い文書を密かに破棄したり、責任を取らなかったり、国民に嘘をついたり、メディアを批判したり、全国紙の読売新聞を使って前文部科学省事務次官の前川喜平さんのことを個人攻撃したり、それでいて安倍首相の周辺人物の犯罪を無かったことにしたりするような国政の自民党と、石原慎太郎元都知事や舛添要一前都知事や「都議会のドン」と呼ばれているという内田茂議員の気配の残る都議会の自民党は、安倍自民党総裁に意見をしない同じ自民党の議員なのですし、そのような都議会自民党に票が入るとは思いませんでしたが、都民ファーストの会が圧勝するほどに都民の方たちから支持されるとも思いませんでした。

都議会自民党に投票したくないと思っていた方たちは共産党に流れるのではないかなと思っていたのですが(共産党も議席数が少し増えたそうですが)、主に都民ファーストの会に流れたということなのかもしれません(野党第一党であったはずの蓮舫さんの率いる民進党は、存在感が薄くなり過ぎているようにも思います)。小池百合子都知事の自民党の離党届が自民党に受理されたことは報じられていないように思いますし、私にはまだ、小池さんは自民党の議員であり日本会議の会員でもある人のように思えているのですが、今日の報道によると、小池都知事は都民ファーストの会の代表を辞任したのだそうです。後任は野田数前代表になるのだそうです。都民ファーストの会の議員さんたちが小池都知事の命令に従うような「小池チルドレン」にはならないということを表すためなのかもしれませんが、やはり小池都知事はこれまで通りに自民党(や公明党)との連携を重視していくということなのかもしれないなとも思いました。透明性を目指す議会改革というものは、本当に実現できるのでしょうか。(7月4日の追記:昨夜の報道によると、自民党は、小池百合子都知事の提出した離党届を了承して受理したものの、小池都知事の除名はしていないそうです。)

麻生政権の惨敗後に自民党に代わって与党になった過去の民主党や、その中の卑怯で悪いところ(議事録を残さないなど)を受け継いだ今の第2次・第3次安倍政権の自民党の場合と同じように、圧勝するということが議会や市民にとって良いことだともあまり思えないのですが、都民ファーストの会が都議会の議席の過半数を超えるほどの第一党に決まったからには、もしかしたら、いわゆる「右傾化」がこれからもっと進むのかもしれませんし、都民は、小池都知事や都民ファーストの会がこれから何をしていくのかをちゃんと見て行かなくてはいけないということなのだろうと思います。

先日には、東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡って強制起訴された勝俣元会長と武黒元副社長と武藤元副社長が無罪を主張しているという報道がありましたが、2011年の3月の原発の爆発事故が起きたのは津波が来たからではなく、津波によって電源が喪失したからなので、第1次安倍内閣時の首相が全電源喪失はあり得ないと国会で答弁して原発の電源の置き場所を変える対策を拒否していたということも、報道されたほうがいいのではないかなと思いました。


あと、私が録画で見た昨夜の「おんな城主 直虎」の第26回の総合テレビ放送には、都議会議員選挙の速報がL字型にずっと出ていました。画面の上の方に出る時々の選挙速報もそうなのですが、ドラマの間に選挙速報を出す必要は全くないように思えます。BSプレミアムで放送されたほうにはその速報はなかったかもしれないので、そちらのほうが見やすかったのかなと、少し残念に思いました(でも、物語自体は楽しかったです)。そして、昨日はとても暑かったのですが、今日も気温と湿度が高いです。やはり冷夏にはならないのかもしれません。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム