「おんな城主 直虎」第27回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第27回を見ました。

第27回は、井伊谷を訪ねて来た中村屋の中村与太夫(本田博太郎さん)たち気賀の町衆から、気賀の城には堀江城主の大沢基胤(嶋田久作さん)ではなく井伊に入ってほしいと頼まれ、井伊家の家老で今川の目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)にも反対されなかったため、気賀の者たちのためならと引き受けることにした井伊直虎(柴咲コウさん)が、気賀の港町は儲かると考えた商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)の、今川家の重臣の関口氏経(矢島健一さん)や修繕しなければいけない城をいくつも抱えている大沢基胤との交渉により、妹の夫である武田義信の自害の知らせにショックを受けていた駿府の今川氏真(尾上松也さん)から気賀を治める許可を得る、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

中村さんから井伊が気賀に入る交渉を行っていると聞き、また、理想の国は自分たちで作るしかないという直虎の言葉を考え、気賀に残ることにした龍雲丸(柳楽優弥さん)は、直虎を船に乗せて浜名湖上に連れて行き、ここが城を築く場所なのだと教えました。そこは、干潮時には道ができるけれど、満潮時には水で道が塞がれるようになるという浜名湖の干潟の上でした。

龍雲丸は、落ちた城から一人で逃げている時、盗賊に拾われて盗賊になる道を選び、武士の屋敷や豪商の蔵に盗みに入る日々の中で、お金はあるところにはあるがないところにはないということを学んだということでした。そして、盗賊の一味が捕まってまた自分一人だけが助かった時、自分はこのような運命なのかと空に浮かぶ雲を一日中見ていて、雲を見ていても誰にも何も言われないということにふと気付いたということを直虎に話していました。

その時の空の龍雲から龍雲丸はその名前を名乗るようになったようなのですが、龍雲丸にとってその雲は、自分らしさと自由の象徴ということなのかなと思います。

政次は、直虎が気賀を治める許可をもらったことを、おとわが気賀を取ったと、井戸の前で亡き直親に報告していました。その様子を南渓和尚(小林薫さん)と猫が見守っていました。龍雲丸の率いる龍雲党の普請した浜名湖のお城が完成すると、直虎は、今川の目付の政次をその堀川城へ案内しました。政次は堀川城を認め、気賀で生きる決意をした龍雲丸のことも認めたようでした。

永禄11年(1568年)の頃に築かれたという堀川城は、今は残っていないそうです。満潮時に湖上に孤立するお城ということは、龍雲丸は敵に攻められた際には船でお城の裏側から逃げることができるという風に直虎に説明していたのですが、それよりも先に敵に包囲されてしまったなら、あるいは船を失ってしまったなら、陸上の場合よりも城内の人々にとって逃げ場のないお城ということになってしまうのではないかなとも思えました。大丈夫なのでしょうか。

予告によると、次回は壊れかけている甲相駿三国同盟と今川義元の母の寿桂尼の話になるようでした。歴史の記録の残っている史実を描いている大河ドラマなのかどうかが時々分からないように思えるところもあるのですが(時代劇というよりは現代劇風でもあるように思えます。NHKのBSプレミアムで再放送されている大河ドラマ「風林火山」は、物語の展開も登場人物の描き方も落ち着いています)、それなりに楽しく見ることができているので、次回の「直虎」の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム