「黒革の手帖」第1話

テレビ朝日の新木曜ドラマ「黒革の手帖」の第1話を見ました。初回は15分拡大版で放送されていました。

主人公の原口元子(武井咲さん)は、昼は東林銀行の世田谷北支店で派遣社員として働き、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働いていました。それは、亡くなった父親の借金を返済している途中に亡くなった母親の代わりに、借金の500万円を完済するためでした。

クラブの上客である楢林クリニックの院長の楢林謙治(奥田瑛二さん)の目に止まった元子さんは、クラブのママの岩村叡子(真矢ミキさん)に連れられて、楢林院長とのゴルフに出かけ、大手予備校・上星ゼミナールの理事長の橋田常雄(高嶋政伸さん)を紹介され、さらに衆議院議員の秘書の安島富夫(江口洋介さん)と出会いました。元子さんは、安島さんがひったくりに遭いそうになっていた夜に会った人だということを憶えていて、安島さんも、道に散らばったお金を必死になって拾っていた元子さんを憶えていました。安島さんは、“女優”のような演技力で有力者に取り入る野心家の元子さんを気に入ったようでした。

派遣社員だけれど優秀な銀行員の元子さんは、コネで入ってきた取引先の大会社の娘の教育係を任されていました。しかし、ある日、そのコネ入行の娘が東林銀行に芸能人が来たことをSNSに乗せて拡散させてしまうという事件が発生すると、元子さんは、取引先の娘を庇いたい支店長の藤岡彰一(菅原大吉さん)と次長の村井亨(滝藤賢一さん)によって、契約社員の山田波子(仲里依紗さん)と共に責任を取らされることになりました。

契約の更新はしないと支店長と次長に断言された元子さんは、楢林クリニックの看護師長の中岡市子(高畑淳子さん)が持ってきていた借名口座のリストを記した「黒革の手帖」の情報を基に、その裏金の1億8千万円を急いで自分の口座に振り込み、その全てを引き出して自宅に持ち帰りました。

慌てた支店長と次長は、ママに買ってもらった和服姿で現れた元子さんから、黒革の手帖の情報を1億8千万円で買い取ってほしいと言われ、1億8千万円を返してくれれば正行員にすると提案しました。翌日、派手な服装で銀行の支店長と次長と弁護士の待つ部屋を訪れた元子さんは、支店長と次長の願いを退け、訴えることができるなら訴えればいいと脅しながら、1億8千万円を返してほしいということを元子さんに二度と言わないという念書を書かせました。

裏金を横領して自分のお金にすることに成功した元子さんは、自分のお店を出したいとママに相談し、そのお金を元手に店舗を買い、ママや安島さん、長谷川さんや橋田さんや楢林さんのお祝いを受けて、クラブ「カルネ」を開店しました。お祝いのお花の中には、安島さんの名前もあったのですが、さらに長谷川庄治(伊東四朗さん)の名前もありました。元子さんは知らなかったのですが、その人は安島さんの後援者で、政財界を裏で牛耳る人物のようでした。

脚本は羽原大介さん、監督は本橋圭太さんでした。エンディングに流れていた主題歌は福山雅治さんの「聖域」という曲でした。この主題歌がこのドラマに合っているのかどうかというところは、私にはよく分からないようにも思えたのですが、劇中に流れていた音楽は良かったです。

原作は、私は未読なのですが、松本清張の小説『黒革の手帖』です。2004年の頃に放送されていたという、米倉涼子さん主演のテレビ朝日のドラマ「黒革の手帖」を、私も見た記憶はあるのですが、登場人物の多いドロドロとした話だなという印象もあり、内容はうろ覚えの状態です。

今作で元子さんを演じているのは、米倉涼子さんではなく、武井咲さんです。迫力のようなものは、米倉涼子さんの元子さんのほうがあったような気がします。でも、武井咲さんの元子さんも、少しずつそのように変わっていくのかもしれません。あるいは、また別の現代の、2017年の元子さんになっているのかもしれません。小説の『黒革の手帖』の連載が週刊誌で始まったのは1978年(昭和53年)ということなので、その頃の昭和の設定を現代の設定に上手く変えているのだろうと思います。

あと、和田正人さんの演じる情報通の銀座の美容室の店長のオネエ?の牧野さんが、実際にいそうな方のようにも見えて、何だか面白く思いました。

銀座のクラブとも銀行とも遠い私は、どちらかというとドロドロの作品を少し苦手に思えてしまうほうなのですが、第1話の印象がドラマを見る前に思っていたよりも良く、展開の早さも含めて、それなりに面白かったので、次回の物語も見てみようかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム