「おんな城主 直虎」第31回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回を見ました。

第31回は、今川氏真(尾上松也さん)の命に従って徳政令を受け入れうことを決め、今川の直轄地となった井伊谷のお屋敷を今川の目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)に追い出されて、一族を連れて川名の隠し里へ落ち延びた井伊直虎(柴咲コウさん)が、家を再興するまで嫡男の虎松(寺田心さん)を龍潭寺の僧の傑山(市原隼人さん)と家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)と中野直之(矢本悠馬さん)の弟の直久(山田瑛瑠さん)に託して隠す、という話でした。

井伊家が徳川と通じているということを政次も知っていると直虎から教えられた直之は、政次に騙されているのではと慎重に考えていたのですが、一族の他の人たちは、前から政次は味方だと思っていたと納得したように笑っていました。

直虎が虎松を隠した直後、井伊の屋敷に入った政次は、氏真の命を受けた側近の関口氏経(矢島健一さん)から、城代にする代わりに虎松の首を差し出すよう言われました。その命を迷わずに受けた政次は、翌日関口氏経に虎松の首を持参し、その首が虎松の首であるかどうかを尼僧の姿に戻った直虎が検めることになりました。

恐る恐る首を見た直虎は、厚化粧が施されているというその子供の首が虎松のものではないことに気付きました。政次は、疱瘡を患っていたので厚化粧を施したのだと関口氏経に説明し、事情を察した直虎は、首を抱きしめてお経を唱えました。

井伊家が取り潰しになったと知って南渓和尚(小林薫さん)を訪ねた龍雲党の頭の龍雲丸(柳楽優弥さん)は、誰とも分からない一人の子供を除いては無事だったと聞きました。そして、その後、その子供の首を埋葬している直虎に声をかけた龍雲丸は、その首は政次が買ったものだと話しました。龍雲丸の話によると、政次は治る見込みのない病気の子供を親から買い取り、親も子供も納得した上で、虎松の身代わりとして殺したのだということでした。

“虎松の首”を今川に差し出した政次は井伊谷の城代となって密かに井伊家の再興の時を待ち、直虎も井伊家の再興を決意していました。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は藤並英樹さんでした。

「おんな城主 直虎」は少女漫画風の場面の多い大河ドラマであるようにも思うのですが、雨の森で虎松の身代わりの子供を殺した政次の「地獄へは俺が行く」とか、高橋一生さんの政次をかっこ良く描き過ぎであるような気もします。

かっこいいと言えば、井伊家を守るために戦うと主張して逃げることを拒む虎松に向かって矢を放って命を狙われることの怖さを教えていた市原隼人さんの傑山の弓の動作もかっこ良かったです。何というか、彫刻になりそうに思えました。

次回予告の映像では、今回今川に取り潰された井伊家は、もう再興の兆しを見せるようでした。一気に時間が進むのでしょうか。それとも、実際に直虎は早く井伊家を復活させることができたのでしょうか。次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム