「過保護のカホコ」第5話

日本テレビの水曜ドラマ「過保護のカホコ」の第5話を見ました。

第5話は、俺はスポンサーか!と怒って家出をしてしまった父親の正高(時任三郎さん)にすぐに頼ることができなくなった大学生の根本加穂子(カホコ、高畑充希さん)が、画家志望の大学生の麦野初(ハジメ、竹内涼真さん)に言われた通りにアルバイトを始めようと志すも、母親の泉(黒木瞳さん)の過保護から解放されず、夫の衛(佐藤二朗さん)のお酒のストレスで倒れた叔母の国村環(中島ひろ子さん)や、チェロを弾くことができなくなって自暴自棄になっている従妹の富田糸(久保田紗友さん)から親とは思っていないと突き放されたその母親の節(西尾まりさん)と父親の厚司(夙川アトムさん)や、母親に捨てられた記憶に苦しむハジメさんなど、周囲の人たちを幸せにするためには何ができるのかと悩んだ末に、過保護に育った自分には何かをしたくても何もできないと自分の無力さに気付き、自分の代わりに何でもやってしまう母親からの自立を決意する、という話でした。

脚本は遊川和彦さん、演出は南雲聖一さんでした。今回のオープニングのカホコさんは、中学生?になっていました。

小さい頃に父親を亡くし、ある日母親に置き去りにされたという過去を持っていたハジメさんと話していて、自分は家庭環境に恵まれていると知ったカホコさんが、少しずつ成長しながら、家族や友人のために何かをしたいけれど何をしたら良いのか全く分からずに途方に暮れて自分は無力だとやり切れない気持ちになる感じが、親切なハジメさんや娘を大切に思っている両親や悩みを抱える親戚の人たちとの関わりの中にすっきりと描かれていたように思います。

家出をして実家に帰っていた正高さんと、その父親の根本正興(平泉成さん)と母親の多枝(梅沢昌代さん)と妹の教子(濱田マリさん)との場面も良かったですし、補導された糸さんとすれ違う両親の場面も良かったです。

そして、カホコさんとハジメさんにもう少し展開があったところも、良かったです。

なぜかずっと持っていた使い切った赤い絵の具の容器を捨てたりしていたハジメさんを元気付けたいカホコさんは、母親の実家の並木家の祖母の初代(三田佳子さん)に相談して、若い頃の母親が父親にしていたようにお弁当を作ろうということになり、お弁当を作ることはできないのでおにぎりを作っていました。何時に迎えに行けばいいかと心配する母親には、一人で帰るから大丈夫だと伝えました。初代さんは、娘の泉さんに、あの子は強いと孫のことを褒めて、子離れをするようにと話していました。

会社と実家を往復していた正高さんは、小さい頃の娘のことを思い出し、顔が母親に似ていると言われて寂しかったけれど足の形が自分と同じだったとか言いながらカホコに会いたいと涙を流していて、そばで見ていた妹の教子さんに引かれていたのですが、その時呼び鈴が鳴り、娘が訪ねて来ました。喜ぶ父親に、カホコさんは、家に帰ってきてと頼み、一緒に帰ろうとする父親に、他に行くところがあるから一人で帰ってと言い残して、祖母の家で作ったお弁当を抱えて走り出しました。

走って向かった先は、ハジメさんが工事現場のアルバイトをしている土手でした。ハジメさんは、突然のカホコさんに驚きながらも、自分で作ったというカホコさんのお弁当を食べてみることにしたのですが、おにぎりだと知ると拒否しました。どうしてかと不思議がるカホコさんに、ハジメさんは、母親がおにぎりを置いて出て行ったからだと打ち明けました。ハジメさんは捨てたはずの赤い絵具の容器をまだ持っていたのですが、それも絵を褒めてくれた母親との思い出の品だったようでした。ハジメさんは、画家になってあいつを見返したいと思っていただけだと言って、絵具の容器を川に投げ捨てました。ハジメさんの過去を知ったカホコさんは、川に入って絵具を探そうとしました。止めるハジメさんに、カホコさんは、自分には何もできない、過保護に育った自分が嫌になる、でもこうして探すことはできると、川の水の中で絵具を探し続けていました。カホコさんを心配するハジメさんは、川に入って、カホコさんを抱えて、強制的に連れ戻しました。

一人で家に帰った正高さんは、ソファに座っていた泉さんに謝ろうとしたのですが、泉さんは、一人で小さい頃のカホコさんのビデオを見ていました。その時、カホコさんが帰ってきたのですが、一緒にハジメさんも来ていました。濡れた服を着て帰ってきたカホコさんを見て驚いた泉さんは、話を聞いてほしいと言うハジメさんを遮り、違うと言うカホコさんの言葉を無視して、もう娘とは会わないでくださいと急いでドアを閉めようとしたのですが、ハジメさんはそのドアを押さえて、カホコさんの両親に、娘さんと会えなくなるのは嫌です、お二人がどうして娘さんを大切に思っているのか分かりました、できれば交際を認めてほしいと思っています、また来ます、と言って根本家を後にしました。

過保護の自分を変えたいカホコさんは、お風呂の支度をしようとする母親に、カホコがやると言って、これからは朝起きるのも、洋服選びも、お弁当作りも、全部一人ですると宣言しました。母親はそれを認めたのですが、自室に入ってしばらくすると、大きなカバンを持って出てきて、カホコさんと正高さんを置いて、家を出て行ってしまいました。

父親の家出よりも、母親の家出のほうがカホコさんの家にとっては大変なことかもしれません。

両親や祖父母や親戚の人たちに愛されて育ったカホコさんの素直で真面目で純粋なところを、カホコさんを放っておけない面倒見の良い親切なハジメさんも愛するようになるようでした。

カホコさんは過保護な環境で育ちましたが、苦学生のハジメさんの影響があるとはいえ、人の役に立ちたい、“過保護”をやめたい、大人になりたい、と思って動き出しているところは、本当に偉いと思います。「ピーターパンシンドローム」という言葉がありますが、もしもこのドラマのカホコさんが、大人になりたくないと思っている人だったなら、どうなるのだろうと思いました。

糸さんもカホコさんとは別の意味で親離れしていない人ということなのかもしれないと思うのですが、糸さんは屈折しています。糸さんがどのように立ち直っていくのか、あるいは立ち直らないのかというようなところも気になります。

次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム