「デッドストック ~未知への挑戦~」第4話

テレビ東京の「ドラマ25」の「デッドストック ~未知への挑戦~」の第4話を見ました。

テレビ東京の旧社屋の未確認素材センターで古いビデオテープに残されていた「コックリさん」に取りつかれた生徒の映像を上司の佐山暁(さやまさとる、田中哲司さん)と一緒に見ていたADの常田大陸(つねたりく、村上虹郎さん)は、ディレクターの二階堂早織(にかいどうさおり、早見あかりさん)が次はこの「コックリさん」を取材のテーマにするのではないかと思っていたのですが、早織さんは興味なさそうに帰ってしまいました。

実は早織さんには「コックリさん」にまつわる辛い記憶がありました。小学校4年生の時、早織さん(篠川桃音さん)が、いつも一人でいる同級生の奈津美ちゃん(田牧そらさん)に寂しくないのかと声を掛けると、奈津美ちゃんは、私には「コックリさん」がいるから寂しくないと答えました。そうして早織さんは、奈津美ちゃんに誘われて、学校の体育倉庫で密かに「コックリさん」の遊びを楽しむようになりました。

しかし、ある日、早織さんの友人たちにその二人の秘密の遊びが知られてしまいました。早織さんの友人たちは、奈津美ちゃんと早織さんを押し退けて「コックリさん」で遊び始めたのですが、すぐに飽きて放り出してしまいました。押された拍子に10円玉から手を離してしまった奈津美ちゃんは、コックリさんに怒られる、とつぶやきました。奈津美ちゃんが涙を流しているのを見た友人たちは、気持ち悪がって体育倉庫を後にしました。早織さんは、迷いながらも、友人たちに促されて奈津美ちゃんから離れました。奈津美ちゃんは、早織さんとお揃いで持っていたペンダントを胸元から引きちぎって投げ捨てました。早織さんは、奈津美ちゃんが捨てたペンダントを拾ったのですが、様子のおかしい奈津美ちゃんをそのままにして帰り、その翌日から奈津美ちゃんは学校へ来なくなったということでした。

その話を早織さんから聞いた大陸さんは、奈津美ちゃんに会いに行きませんかと早織さんに提案し、奈津美ちゃんのことがずっと気にかかっていた早織さんは、大陸さんと二人で奈津美ちゃんの家を訪ねることにしました。

奈津美ちゃんの家の呼び鈴を鳴らすと、出てきたのは母親だったのですが、髪を振り乱していて、家中がゴミで溢れていました。それでも、家に入れてもらうことができた早織さんと大陸さんは、2階へ上がり、奈津美ちゃんの部屋の前に立ちました。奈津美ちゃんは、長い間部屋に引きこもっているようでした。早織さんが返事のない部屋のドアを開けると、奈津美ちゃん(趣里さん)がぼんやりとした様子で床に座り込んでいたのですが、部屋の中は荒れていました。

奈津美ちゃんに話しかけた早織さんは、無反応の奈津美ちゃんを元に戻すためには「コックリさん」に出ていってもらうしかないと考え、奈津美ちゃんの前に置かれていた「コックリさん」の紙の上の10円玉に手を置き、お帰りくださいと一心に伝えました。奈津美ちゃんは豹変し、早織さんの首を絞めようとしたのですが、ペンダントを見てはっとしました。そして、奈津美ちゃんの寂しさの中に入り込んでいた霊は、苦しみながら去って行きました。

小学校4年生の時で心が止まっているらしい奈津美ちゃんは、早織さんのペンダントを見て、同じものを持っていると探そうとしたのですが、なかなか見つからず、早織さんが持って来た奈津美ちゃんのペンダントを見せると、嬉しそうに笑いました。奈津美ちゃんの首にペンダントをかけた早織さんは、奈津美ちゃんを抱きしめて、ごめんね、と謝り、奈津美ちゃんは、いいよ、と許していました。

脚本は加藤淳也さんと三宅隆太さん、監督は権野元さんでした。

小学校時代の自分の裏切りが気にかかっていた早織さんと、小学校時代から「コックリさん」に憑依されて?自室に引きこもっていた奈津美さんの不思議な友情の物語だったのですが、小学校4年生の状態で自分の意識を取り戻した奈津美さんがこれからどのように生きていくのだろうということも、ドラマの中のことなのですが、少し気になりました。

「コックリさん」の「こっくり」を漢字で書くと「狐狗狸」となり、その正体は動物霊と言われていますが、低級霊だとも言われています。降霊術とされていますが、「テーブル・ターニング」という西欧の占いを起源としていると言われていて、催眠術(自己催眠)の一種だという説もあります。

私は直接その遊び?をしたことはないのですが、私の同級生の中にも、「コックリさん」をしている人はいましたし、それとは別の謎の催眠術ごっこ?をしていて先生に怒られている人もいました。「コックリさん」が紙の上に示したことが当たっているにしても、当たっていないにしても、私としては、やはり、そのような遊びはしないほうがいいものであるような気がします。でも、「学園七不思議」のような話は、面白いです。

最後、佐山さんは、意識不明で入院中の誰かの様子を見に行っていました。佐山さんの謎の行動の理由はまだ不明です。次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム