「黒革の手帖」第5話

テレビ朝日の木曜ドラマ「黒革の手帖」の第5話を見ました。

新人ホステスの島崎すみ江(内藤理沙さん)から上星ゼミナール理事長の橋田常雄(高嶋政伸さん)が料亭「梅村」を買ったと聞いたクラブ「カルネ」のママの原口元子(武井咲さん)は、売りに出された銀座の最高峰のクラブ「ルダン」の所持者が政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗さん)だと知ると、上星ゼミナールへ乗り込み、橋田理事長に大事な話があると切り出し、すみ江さんとは外で会わないでほしいと伝えました。そして、もう一つ大事な話があると、黒革の手帖を開き、借名口座の存在とすみ江さんを使って入手した裏口入学のリストを示して、「梅村」を譲ってほしいと迫りました。脅された橋田理事長は、最初は裏口入学は人助けだとか、医者不足の社会に役立つのだとか言っていたのですが、結局、元子さんに言われた通りに、2千万円(毎月6万円の25年ローン?)で「梅村」を売る契約を交わしました。

「カルネ」に戻った元子さんは、すみ江さんに、もう橋田理事長と会わなくていいからと伝えました。訪ねて来たクラブ「燭台」のママの岩村叡子(真矢ミキさん)には、「ルダン」を買うのは自分ではないと嘘を吐いてごまかしたのですが、役所や不動産会社へ行き、「梅村」を2億円で転売する計画を実行し始めた元子さんは、それから、洋服姿で長谷川経済研究所へ向かいました。長谷川会長に迎えられた部屋には、安島富夫(江口洋介さん)がいました。

安島さんは、亡き若槻大臣の基盤を引き継いで出馬をすることになった妻の若槻貴子(長野里美さん)と同じ群馬の選挙区で出馬の準備を進めていたのですが、その頃、週刊誌に若槻大臣夫妻が文部科学省に圧力をかけて大学を新設していたというスクープ記事が掲載されました。若槻大臣の月命日のお墓参りで貴子夫人に会った安島さんは、「裏切り者!」と激怒する夫人に土下座をして、若槻夫妻の恩は絶対に忘れない、これからも力になりたいと伝えていました。

安島さんの同席を認めた元子さんは、「ルダン」を譲ってほしいと長谷川会長に切り出しました。3億円を用意できるのかと怪しむ長谷川会長には、持っている財産の相場が上がったのだと答え、銀座で一番のクラブだから手に入れたいのだと正直に打ち明けて、手付金としてまず5千万円を支払い3億円を用意できない場合には再び5千万円を支払うという条件を受け入れ、長谷川会長から購入する約束を取り付けました。元子さんが帰った後、長谷川会長は、元子さんの素性を安島さんに訊ねたのですが、安島さんは「燭台」にいた以前のことは知らないと答えていました。

安島さんは元子さんを心配していました。「カルネ」を訪ねた安島さんは、長谷川会長は危険な人物だ、調子に乗るなと、「ルダン」を買うのをやめるよう言いました。しかし、元子さんは、これは私の人生だと言い返して、私は私のやり方で一番になるのだと聞く耳を持ちませんでした。

脚本は羽原大介さん、監督は本橋圭太さんでした。

第5話も、面白かったです。武井咲さんの元子さんが真矢ミキさんの叡子さんを静かに怒らせる喫茶店の場面の緊張感も良かったです。

前半の元子さんの黄色と黄緑色の着物が、実際に街で見かけた場合には派手に見えるのかなとも思いましたが、レモンとライムの色のようで、夏らしいさわやかな着物に思えました。

計画が思い通りに進んでいることでますます強気になっている元子さんは、その一方で、すみ江さんが橋田理事長と楽しそうにタクシーに乗っているのを見かけ、その後すみ江さんと連絡が取れなくなったことから、何かに飲み込まれそうな予感を感じてもいるようでした。

頭の良くない学生を医学部に通わせて医者にするとか、文部科学省に圧力をかけて大学の新設をしたとか、そのようなことが盛り込まれていたところも、現代的で面白く思えました。自民党の安倍首相とその周辺の人々の学校法人・加計学園への便宜供与疑惑問題のことを思い出しました(テレビ朝日の報道番組では最近、内閣改造後は特に、森友学園問題や加計学園問題を扱いが激減しているように思えます)。

慎重な元子さんがすみ江さんを信用していた理由がいまいちよく分からないようにも思えるのですが、予告によると次回からは、元子さんを恨む人たちの逆襲?が始まるようでもありました。次回も楽しみにしていようと思います。


ところで、このドラマの後の「報道ステーション」では、朝鮮半島のほうから飛んでくるかもしれないミサイルを迎撃するための陸上型のイージスシステム「イージス・アショア」を日本政府が導入するということが報道されていました。アメリカ政府から買うそうです。1基約700億円で、迎撃するためには2発以上撃つ必要があるそうなのですが、1発撃つのに約20億円かかる上に毎年の維持費も高いそうで、しかも迎撃に失敗することもあるそうです。グアムのほうへ飛んで行くものを撃ち落とすことは物理的にできないのだそうです。国会で話し合われていないのでまだ正式に決まったことではないのかもしれませんが、専門家の方は、導入には覚悟が必要だと話していました。

あと、先日久しぶりに何気なく録画をしておいた、ジャーナリストの田原総一朗さん司会のテレビ朝日の「朝まで生テレビ!」(今年で30周年です)の「安倍政治と日本の平和」というテーマの回の後半(長い番組を少しずつ見ているので、まだ全部は見ることができていません)で、北朝鮮の拉致問題の話題になった時、自民党の山本一太議員が「基本的に日本人みんな北朝鮮嫌いですよね」と謎の発言をしたのですが、ウーマンラッシュアアーの村本大輔さんがすぐに「僕は北朝鮮、全然嫌いじゃないです」と返し、「北朝鮮を植民地にした」日本の過去に触れて、「自分たちに都合のいいところだけを切り取って、それで『嫌い』と言うのは都合がいいと思う」と言っていて、すごいなと思いました。

他の出演者の方たちは黙っていたのですが、村本さんが言っていたように、私も、まだ韓国と“戦争中”である北朝鮮という国について、テレビやラジオの報道番組や雑誌などで伝えられている一部分の北朝鮮しか知りません。ほとんどの日本人はそのようにしか北朝鮮という隣国のことを知らないのではないかと思いますが(他の多くの国の場合も、国内の各地域の場合もそうかもしれませんが)、そのような中での山本議員の「基本的に日本人はみんな北朝鮮が嫌いですよね」という、それがさも当然のことであるかのような奇妙な発言は、与党の自民党の考え方によるものなのでしょうか。もしもそうだとするなら、その考え方の下で国民が特定の国や地域を「嫌い」になるように自民党がメディアを使って誘導しているというようなこともあるのかもしれません。

ある海外の国を名指しして、基本的に日本人はその国を嫌いですよね、と国会議員が公の場で平然と言うことに驚きましたし、山本議員が自分の発言をおかしいとは思っていないようなところも含めて、少し怖く思いました。日本政府には電撃的訪朝するなどしても拉致被害者が早く帰国できるようにしてほしいと思いますが、田原さんが言っていたように(話はすぐに別の出演者に遮られてしまいましたが)、政府が“有名な拉致被害者”以外の被害者の帰国に積極的ではない、帰国を大して望んでいないということが本当なら、それはとても酷いことだと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム