「ウチの夫は仕事ができない」第7話

日本テレビの土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の第7話を見ました。

昨夜には、フジテレビの恒例の「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」や、NHKのBSプレミアムのドキュメンタリードラマ「華族 最後の戦い」も重なっていたのですが、気軽な気持ちで見ることができそうという理由で、放送時間にはこちらのドラマを見ることにしました。

第7話では、飲料水会社が新しく建てた本社周辺の地域を盛り上げたいという趣旨でイベントが行われることになり、第一制作部のチームリーダーの土方俊治(佐藤隆太さん)にその担当を任された小林司(錦戸亮さん)は、商店街の神社で夏祭りの盆踊り大会を開催しようと考え、商店街の人たちが夏祭りに人は来ないと諦めている中、近所に人たちにまず夏祭りが開かれることを知ってもらおうと、地道に宣伝活動を行うことにしました。

一方、小林家では、妊婦の妻の小林沙也加(松岡茉優さん)と司さんは、生まれてくる子供が男か女かで盛り上がっていました。しかし、司さんの姉の小林みどり(江口のりこさん)と一緒に遊びに来た、大坂の実家で暮らす司さんの父親の辰男(升毅さん)は、小林家の跡取りがほしいから元気な男の子を生んでくれと言い、男だと決めつけて名前まで考え始めました。辰男さんは、男は仕事ができなければいけない、男が女に弱音を吐くのは情けないと考える、昔気質?の人でした。沙也加さんは、最初は男でも女でもどちらでもいいと思っていたのですが、男よりも女のほうが生きやすいのではないかと考えるようになり、女のほうがいいのかなと悩んでいました。

商店街で地道な宣伝活動を続けていた司さんは、夏祭りの当日、飲料水会社の社員のミスでお客さんに配る予定の飲料水が冷やされていないという事態に見舞われるのですが、司さんの活動を見ていた商店街の人たちに助けられ、実は夏祭りを行いと思っていたと感謝されました。そして、町内の人たちと一緒に夏祭りを成功させた司さんは、夏祭りに来た上司の土方さんに褒められ、息子は仕事でミスをしているのではないかと心配していた父親にも認められました。

反省した辰男さんは、男の子を産んでほしいと言ったことや名前を考えようとしたことなどを沙也加さんに謝り、機嫌良く帰って行きました。そして、その後、産婦人科を訪れた沙也加さんと司さんは、医師から生まれてくる子供は男の子ですと言われ、喜んでいました。

脚本は渡辺千穂さん、演出は小室直子さんでした。

小林家の嫁の沙也加さんは、結局、義父の辰男さんの希望通りの小林家の跡取りの男の子を産むらしいということで、(どのように育つのかは分かりませんが、一応は)良かったね、という終わり方でもあるのかもしれないとは思うのですが、まさか今時、男が得か女が得か、というような話になるとは思いませんでした。

夫の実家の家族から跡取りの男の子を生んでほしいと言われて困る、というような妻の方の悩み相談も世の中にまだあるのかもしれないとは思いますが、ドラマを見ていて、何となく、このような物語で良かったのだろうかと、少し複雑な気持ちになりました。

男性に生まれるのと女性に生まれるのとではどちらが幸せかというようなことは、人によるのだろうと思います。人にはそれぞれ個性があるので、男性に生まれても、女性に生まれても、そのどちらでもない性別に生まれても、上手く生きることができる人は上手く生きることができるし、上手く生きることができない人は上手く生きることができないのだろうと思います。幸か不幸かに性別はあまり関係がないような気もしますが、でも、中島みゆきさんの歌の「ファイト!」に描かれている女性のような場合には、男に生まれればよかったと、確かに思うかもしれません。どちらが良いかということはバラエティー番組などでも時々扱われているように思いますが、私としては、どちらのほうが良いのかということは、全く分かりません。

それにしても、ドラマを見ている私には、司さんが「仕事ができない」人には見えません。沙也加さんにとっては、一体どのような人が「仕事ができる」人ということになるのでしょうか。

沙也加さんと司さん、みどりさんと田所陽介(薮宏太さん)がシンクロ?していた場面は、楽しいようにも思えたのですが、物語の本筋とはあまり関係がないので、その分、司さんの仕事の場面(このドラマがお仕事ドラマではないとしても)が少し雑に描かれていたようにも思えました。

予告によると、次回からは「第2章」になるそうです。このドラマが「第1章」と「第2章」に分かれているとは知りませんでした。次回も気軽な気持ちで見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム