「地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子」

昨夜、日本テレビのスペシャルドラマ「地味にスゴイ!DX(デラックス)校閲ガール・河野悦子」を見ました。

昨年の秋に放送されていた連続ドラマの特別編です。

一年前に景凡社の校閲部から念願のファッション雑誌「Lassy」に異動して編集者になった河野悦子(石原さとみさん)は、廃刊寸前の「Lassy」を立て直すためにやって来た合理的な考えを持つ厳しい新編集長の二階堂凛(木村佳乃さん)に将来の編集長として見込まれ、副編集長に抜擢されるものの、紙媒体の「Lassy」を廃止してWEB配信のみにするとの二階堂編集長の方針に異議を唱え、大好きな「Lassy」の編集部を辞めるかどうか迷っていました。

校閲部部長の茸原渚音(岸谷五朗さん)の提案で、一時的に再び校閲部で仕事をすることになった悦子さんは、亡くなった小説家の三枝貢の原稿の校閲中、原稿の誤字が暗号のようになっていることに気付きました。誤字をつなげると「龍の洞窟 夜明けの空」というメッセージになりました。そのメッセージが三枝さんと2年で離婚した元妻の二階堂さんに向けられたものであることを知った悦子さんは、二階堂さんにそのことを伝え、「ハート」の形のものを探す妻と出かけたいくつかの場所を原稿に残していた三枝さんが自分との旅行をつまらなく思っていたわけではなく、楽しんでいたと知った二階堂さんを連れて、小説家の「是永是之」の折原幸人(菅田将暉さん)と新人担当編集者の橘花恋(佐野ひなこさん)と4人で「龍の洞窟 夜明けの空」の場所へ向かいました。

「龍の洞窟」は、伊豆半島の南の下田の海岸にある龍宮窟(竜宮窟)のことでした。橘さんの運転する車で明け方の伊豆の洞窟の内部に到着した4人が見上げると、青空が洞窟の周りの崖に切り取られるようにハートの形になっているのが見えました。三枝さんが妻と一緒に見たかった、大きなハートを見た二階堂さんは、感情を出すのが苦手だった小説家の三枝さんとの2年間の結婚生活は不幸なものではなく、自分は夫に愛されていたということを実感することができたようでした。二階堂さんは、悦子さんに感謝していました。

翌朝、「Lassy」の編集部では、出勤した二階堂編集長が、「Lassy」の紙媒体の廃止を撤回し、WEB版と両方続けていくことにしたと社員たちに告げていました。雑誌をやめないでほしいという声が読者から相次いでいたことと、WEB版の読者が二階堂編集長の予想よりも増えなかったことがその理由でした。副編集長の話を考え直してほしいと二階堂編集長に言われた悦子さんは、好きな校閲の仕事に戻ろうかと悩んでいたのですが、数日後、二階堂編集長からファッション誌の校閲部を作ることにしたと言われ、校閲部でのファッション誌専門の校閲係として、好きなことをまた自分の仕事にすることができたようでした。

そして、幸人さんと「同棲」をすることになった悦子さんは、おでん屋さんのすぐ近くの幸人さんの部屋に引っ越していました。

原作は、私は未読なのですが、宮木あや子さんの『校閲ガール』シリーズです。脚本は中谷まゆみさん、演出は佐藤東弥さんでした。

オープニングに流れる主題歌は、連続ドラマの時と同じく、荒井由実さんの「12月の雨」をChayさんがカバーした曲でした。

連続ドラマをざっくりと見ていただけの私には、今回のスペシャルドラマもすごく面白かったというのとは少し違うのですが、それでもそれなりに気軽な気持ちで見ることができたように思います。

東京の奥多摩の旅の風景も楽しそうでしたし、静岡の伊豆半島の下田の龍宮窟の空と海と岩の風景も美しくて、いつか行ってみたく思いました。

言葉にしなければ相手に気持ちは伝わらない、というような趣旨のことが繰り返し言われていたので、それもテーマの一つになっていたのかもしれないのですが、言葉にしなければ分からないというのは、本当にそうなのだと思います。私は思っていることがすぐに顔に出てしまうほうらしいのですが、思っていることをすぐに口に出して言うのはあまり得意ではないので、ドラマの悦子さんのような人はすごいなと思います。

それから、私は最近ファッション雑誌を表紙以外にはほとんど見ていないということを、ドラマを見ていて思い出しました。

ドラマの悦子さんはファッション雑誌「Lassy」が紙の雑誌を廃止してWEBの雑誌(電子データ)のみにすることに反対していましたが、私も、雑誌や本は紙のほうが好きです。家に置いておくには確かにかさ張りますが、私の場合は、紙の上で見たり読んだりするほうが、見た感じも読んだ感じもするような気がします。それに、例えば国語辞典などでもそうなのですが、持ち運ぶには重いとしても、今のところの私には(単純に電子辞書のようなものに慣れていないということもあるかもしれませんが)紙の辞書のほうがすぐにさっと引くことができて便利のように思えます。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム