「アシガール」第3回

NHKの土曜時代ドラマ「アシガール」の第3回を見ました。

戦国時代の永禄2年(1559年)から現代に戻り、黒羽城主の羽木家がまもなく滅亡することを知った高校生の速川唯(黒島結菜さん)は、相談した日本史の木村先生(正名僕蔵さん)にも背中を押され?再びタイムスリップをして若君・羽木九八郎忠清(健太郎さん)を助けようと決意すると、戦国時代の基礎を勉強し、食べることのできる雑草を調べ、坂道を走る特訓を始めました。

弟の尊(下田翔大さん)は、次にタイムスリップをしたら戻って来られるか分からないと心配し、姉の唯さんにタイムマシンの使用を禁止したのですが、足軽として若君を助けにいくために走り続けている姉の熱心さに根負けし、次の満月の夜、部屋に忍び込んでタイムマシンの起動装置を探していた唯さんに、新たに発明した通電性の刀型の武器「秘剣・でんでん丸」と薬一式を持たせ、3分で戻って来ると言う、お米やお菓子を詰め込んだリュックサックを背負った唯さんを戦国時代へ送りました。

戦国時代へ戻った唯さんは、農村の吉乃(ともさかりえさん)に、朝からどこへ行っていたのかと怒られ、そのことを謝って、現代から持って来たお米の袋を吉乃さんに渡しました。白米を見た吉乃さんは、最初は唯さんがどこからか盗んできたのかと思って怒っていたのですが、そうではないと知ると、翌日、村の人たちを集めてお米を全部分けました。吉乃さんが村人にお米を配ったのは、村人全員で生きるためでもあり、役人にお米のことが知られないようにするためでもありました。唯さんは、吉乃さんの逞しさに感心しながら、自身も逞しく一人の農民として村の生活に馴染んでいきました。

一方、高山家との争いの続く羽木家の当主の羽木忠高(石黒賢さん)は、松丸家の阿湖姫(川栄李奈さん)と忠清との縁談の話が遅れていることも気にしていました。領民の生活を安定させたい忠清は、城を奪い返しに行きたいと忠高に申し出て断られていたのですが、数日後、異母兄の成之(松下優也さん)が、生け花を忠清に届けに来ました。その枝を見た忠清は、城奪還の好機を知らせるものだと理解し、忠高に相談して、戦の準備を始めました。

農村では、戦に駆り出される男子の名前が読み上げられたのですが、そこに新入りの悪丸と唯之助の名前はありませんでした。弟子の悪丸(MAXさん)に吉乃さん親子のことを頼んだ唯さんは、吉乃さんの次男の三之助(庵原匠悟さん)が用意してくれた痛くない藁の草履を履いて、若君を守る足軽になるために黒羽城へ急ぎました。

城内で隠居の天野信茂(イッセー尾形さん)に再会した唯さんは、若君を助けたいと頼み込んである係にしてもらうのですが、それは合戦部隊の一番最後のほうでお鍋などを運ぶ係でした。敵に襲われない安全な係ではあるようなのですが、若君を守りたい唯さんは、前線で合戦が始まったことを知ると、森の坂を駆け上がって、若君を助けに向かいました。しかし、唯さんが霧の森で目の当たりにしたのは、死体が至る所に散乱し、その中で人々が殺し合っている戦の現実でした。殺されそうになった唯さんは、駆け付けた若君に救われるのですが、そのまま気を失ってしまいました。

脚本は宮村優子さん、演出は中島由貴さんでした。

第3回も、面白かったです。

戦国時代に戻って好きになった若君を助けるために特訓に励む姉のことを心配して、「バカ」だと言う弟の尊さんに、開業医の母親の美香子(中島ひろ子さん)と家事の得意な父親の覚(古舘寛治さん)が、お父さんは家事が好きで会社を辞め、お母さんは怪我と病気のことしか知らないし、尊は発明ばかりしていて、唯は走るのが早いだけで、「バカ」はうちのお家芸なのだという風に明るく話していた場面も、良かったです。優しい家族だなと思いました。

日本史に興味を持ち出した唯さんの話に真面目に答える木村先生と唯さんの場面も良いですし、戦国時代の農村の吉乃さん親子と唯さんのやり取りも楽しいです。

黒島結菜さんの演じる唯さんの真っ直ぐさが清々しいです。ドラマの本編の演出も良いと思うのですが、次回予告の映像(編集の仕方でしょうか)も、ポップで楽しく思えます。SFの要素は少ないようにも思えますが、今のところは、とても安心して見ることのできるSFファンタジー時代劇です。約38分という放送時間も、ちょうど良いのだと思います。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム