「おんな城主 直虎」第40回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40回を見ました。

おとわ(井伊直虎、柴咲コウさん)は、徳川家康(阿部サダヲさん)から「万千代」という名を与えられた虎松(菅田将暉さん)が養父の松下源太郎(古舘寬治さん)の恩に報いずに松下の名を捨てて井伊を名乗っていることに憤るしの(貫地谷しほりさん)の訴えに共感し、井伊谷を治めている近藤康用(橋本じゅんさん)にも井伊を再興しないと言ってあるから今更迷惑だと、虎松を直接叱るために松下源太郎の弟の常慶(和田正人さん)と共に浜松城へ出向き、家康と再会しました。

玄関先で草履番をしている万千代と話そうとしたおとわは、再会した家康に元井伊家の殿の直虎として城内に招かれ、本当はずっと井伊を助けたかったのだと打ち明けられました。戦をせずに勝つ方法について話をしたいと言う家康と話を弾ませたおとわは、帰り際、井伊家の再興を断る話を忘れていたことを思い出した時、小野万福(亥之助、井之脇海さん)に呼び止められました。万福から、万千代が半年前に話していたという井伊家再興への熱意を教えられたおとわは、しばらく万千代を見守ることにしました。

一方、家康の小姓になるために日本一の草履番になる決意をした万千代は、草履を上手く出すための方法を万福と二人で考えていました。万千代と万福が一緒に作った下駄箱に自分の草履を取りに行ったおとわは、草履に名札が結ばれているのを見て、名札を棚に貼ったほうが早いのではと提案しました。おとわが浜松城を発った後、下駄箱に名札を貼ることにした万千代は、万福が糊の容器を渡す際に板の上を滑らせたのを見て、面白い草履の出し方を思い付きました。

一種のアトラクションのような草履の並べ方が家康の家臣たちに受け、家康に見事だと褒められた万千代と万福は、小姓に取り立てられることになったのですが、草履番として替えが利かなくなってしまったことから、まず草履番の?後輩を育てるよう命じられました。

おとわと会って虎松の話を聞いた松下源太郎さんは、松下の名前を捨てる虎松の考えに反対する妻のしのさんを説得し、井伊家を再興したいという虎松の思いを汲むことにしたようでした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

今回は、虎松の井伊家再興への願いが直虎や養父の松下源太郎に認められる話でした。録画をしておいたものを後で見たのですが、虎松(万千代)の草履番の話は史実なのでしょうか。面白いので別に良いのですが、「おんな城主 直虎」の物語はどこまでが史実なのかが時々分からないようにも思えます。

本編の後の「直虎紀行」によると、虎松の養父の松下源太郎さんは後に井伊家の家老になったということでした。良かったです。

京にいた今川氏真(尾上松也さん)は、上洛した織田信長の求めに応じて蹴鞠の会を開いていました。また、遠江や三河には、武田勝頼が攻めてくることになるようでした。

今回の「天正の草履番」は、「天皇の料理番」(TBSの日曜劇場のドラマの脚本はこの大河ドラマと同じ森下佳子さんでした)だったのかなと思うのですが、次回のサブタイトルの「この玄関の片隅で」を見て、今度は「この世界の片隅に」なのかと少し笑ってしまいました。

次回の「おんな城主 直虎」の物語も楽しみにしたいと思います。


ところで、先日のNHKの「歴史秘話ヒストリア」は、「戦国ぽっちゃり男子の愛と誠」という妙なコピーも付いていたのですが(「ヒストリア」のサブタイトルには妙なものが多いです)、織田信長の妹のお市の夫で茶々や初や江の父親としても有名な近江(滋賀県)の戦国大名の浅井長政の特集でした。

今回は浅井長政の特集かというくらいの何気ない気持ちで見始めたのですが、とても面白かったです。長政を演じていた俳優さんが長政の姉の昌安見久尼との二役を演じていたのも何だか面白かったのですが、私はその身長が176cmで体重が105㎏ほどあったという豪快な姉の見久尼さん(私の勝手なイメージとしては、マツコ・デラックスさんです)のことも初めて知りました。浅井長政は、戦国時代が描かれることの多いNHKの大河ドラマには何度も登場しているのだろうと思いますが、長政自身のことが詳しく紹介されたことはあまりなかったのかもしれません。

「ヒストリア」の印象では、浅井長政は“縦社会”にあまり馴染めない感じの自由で謙虚な人のようでしたし、現代人的な雰囲気があって、浅井長政が大河ドラマの主人公になっても良さそうに思えたのですが、その一方で、織田軍の領土拡大のための戦に協力的ではない浅井長政を追い詰める織田信長の卑怯ぶりも際立っていました(浅井軍と朝倉軍が信長の軍を挟み撃ちにしようとしていることを知った妹のお市の方が兄の信長に「袋の鼠」として袋詰めの小豆を送ったというような逸話がありますが、私には、それは嘘であるように思えます。娘たちの父親でもある夫の長政と仲の良いお市の方がわざわざ夫が殺されることになるようなメッセージを兄に送る理由が分かりませんし、もしも実際に送ったのだとすれば、お市の方はただの織田家のスパイということになってしまいます)。信長の比叡山延暦寺の焼き討ちや虐殺には、延暦寺の僧侶たちが浅井・朝倉軍に味方していたからということもあったそうなのですが、ただ、戦を好まなかったけれど強かったという長政は、信長に反撃をして二度ほど殺しかけたこともあったそうです。長政に運がなかったのか、信長の運が強かったのか分かりませんが、番組を見ながら、もしも長政がその時に信長を討っていたなら、日本の歴史はどのように変わっていたのだろうかと思いました。

先月の9月には、本能寺の変で織田信長を討った後に信長によって追放された室町幕府の最後の将軍・足利義昭の上洛を認めることについてを記した、紀州の土橋重治という反信長の武将宛ての明智光秀の直筆の手紙が発見されたということが報道されていて、明智光秀が本能寺の変を起こした本当の理由の解明につながるかもしれないと言われていましたが、もしも武田信玄がもう少し長く生きていたなら、もしも小谷城に籠城する前に浅井長政が織田信長を討っていたなら、本能寺の変もなく、明智光秀が殺されることもなく、茶々が信長に代わって天下を取った豊臣秀吉の側室にされることもなく、秀吉が朝鮮出兵をするようなこともなかったのかもしれないなと(徳川家康の始める約300年間の江戸幕府も、明治時代も、今の時代もなくなるかもしれませんが)何となく思いました。

明智光秀については、主君の織田信長を殺した「裏切り者」というイメージを持っている方もいるそうなのですが、私には、1996年の大河ドラマ「秀吉」(脚本は竹山洋さん、主演は竹中直人さん)の、村上弘明さんの演じる明智光秀の印象がとても良かったこともあり(江戸川乱歩の名探偵・明智小五郎の明智さんでもありますし)、「裏切り者」というような悪人のイメージは少しもないです。

それから、NHKのBSプレミアムで再放送されている2007年の大河ドラマ「風林火山」(脚本は大森寿美男さん、主演は内野聖陽さん)は、第28回までを見たのですが、第28回「両雄死す」は、戦に負けることを恐れるあまりに戦に走り、先代の信虎のように冷酷非情な振る舞いをするようになった慢心の武田晴信(後の信玄、市川亀治郎さん)を心配する重臣の甘利虎泰(竜雷太さん)と板垣信方(千葉真一さん)が、北信濃の村上義清(永島敏行さん)の軍との上田原での合戦の最中、必要のない無謀な戦を始めることの虚しさを身をもって晴信に示すという、壮絶で、重厚な回でした。板垣さんと甘利さんは上田原の戦いで命を落としたのかということを改めて思いました。再放送を見る度に、「風林火山」は面白いなと思います。だから、というわけでもないのですが、今度は新しい連続テレビ小説「わろてんか」にも出演している俳優の高橋一生さんの、NHKの宣伝番組などに出演した際の紹介文の中に「風林火山」が入っていないことが、いつも少し気になります。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム