「刑事ゆがみ」第1話

フジテレビの「木曜劇場」枠の新ドラマ「刑事ゆがみ」の第1話を見ました。初回は15分拡大版で放送されていました。

原作は、井浦秀夫さんの漫画『刑事ゆがみ』だそうです。私は未読です。

うきよ署の刑事課強行犯係の刑事の弓神適当(ゆがみゆきまさ、浅野忠信さん)とその相棒の若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介さん)が管轄内で発生した事件を解決していくドラマです。

事件の捜査中、真相を探るためには違法捜査も辞さないらしい弓神さんは、協力者であるハッカーの氷川和美(通称・ヒズミ、山本美月さん)にも調査を頼んでいました(「ゆがみ」を漢字で書くと「歪み」ともなりますが、「歪み」は「ひずみ」と読むこともできます)。その他の主な登場人物は、強行犯係の係長の菅能理香(稲森いずみさん)、ベテラン刑事の多々木挙男(たたきあげお、仁科貴さん)、中堅刑事の町尾守(まちおまもる、橋本淳さん)です。(「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造さんのような登場人物の名前です。)

第1話は、朝の歩道橋の階段で仰向けに倒れていた大学生の押田マイ(小倉優香さん)の遺体を見て転落事故死ではないと感じた弓神さんが、羽生さんを巻き込んで独自の捜査を始め、うきよ台駅の駅員になっていた羽生さんの同級生の坂木望(杉咲花さん)の、事故前の押田さんの目撃情報から、押田さんが友人の倉間藍子(大後寿々花さん)と共に電車内で痴漢をしたという会社員の沢谷(岡田義徳さん)に示談金を要求していたこと、現金を受け取った後警察に届け出なかったことを知り、嘘の痴漢被害を主張してお金を巻き上げていた押田さんは被害者の誰かから恨まれていたのではないかというところから推理を始めていく、というような話でした。

脚本は倉光泰子さん、演出は西谷弘さんでした。主題歌は、WANIMAの「ヒューマン」という曲でした。

浅野忠信さんの演じる弓神さんと神木隆之介さんの演じる羽生さんの個性のぶつかり合いというか、その掛け合いを楽しく思いました。

電車内での痴漢騒動から発展した殺人事件だったのですが、嘘の痴漢被害を訴えてお金を巻き上げる悪い女性のことだけが一方的に描かれていたのではなく、押田さんと倉持さんが捕まえた沢谷が実は本当の痴漢常習犯だったということが描かれていたことや、痴漢を疑われた人の中には自殺をする人もいること、本当の痴漢被害者の中には恐怖のあまりに声を出すことができない人もいるということが描かれていたことも、良かったと思います。

インターネットの情報をそのまま信じて嫌がらせを実行してしまった坂木さんの“正義感”の中には、駅員としての仕事中のストレスを解消する目的も、含まれていたということだったのでしょうか。若手刑事の羽生さんが同級生の坂木さんを逮捕する、坂木さんが同級生の羽生さんに逮捕されるという事態に対する複雑な感情も、丁寧に描かれていたように思いました。

すごく面白いドラマかということは、第1話を見た限りでは私にはまだよく分からないようにも思えたのですが、原稿紙に書かれているような題字も含め、映像の雰囲気もおしゃれで落ち着いていたように思えました。「うきよ署」が神奈川県警と言われていたかどうかは分からないのですが、横浜の街を舞台にしたドラマのようで、ベイブリッジや赤レンガ倉庫や観覧車やフェリーの見えるみなとみらいの夜景がきれいでした。

初回の冒頭がテレビ朝日の「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シリーズの第1話と重なっていたので、私は録画をしておいたこのドラマの冒頭を後で見たのですが、次回からそれぞれ通常の放送時間になるなら、夜の9時台と10時台で普通に見ることができるようになるのだろうと思います。


ところで、この新ドラマ「刑事ゆがみ」とは関係のないことなのですが、このドラマの数時間後の深夜のフジテレビでは、先週から「キスマイ超BUSAIKU!?(スーパーブサイク)」という番組が放送されています。2013年の春頃からフジテレビで放送されていたジャニーズ事務所のKis-My-Ft2のバラエティ番組「キスマイBUSAIKU!?」が、今秋から再び深夜帯の時間に移行して、「キスマイ超BUSAIKU!?」という番組に変わったのですが、「これまでのイケメンを意識したチャレンジテーマから、よりアダルトで過激なテーマにグレードアップさせた」のが良かったのかどうか、私にはよく分からないように思います。キスマイの方たち、特に“元後列”の舞祭組の方たちは、最近はTBSの「プレバト!!(プレバト才能ランキング)」(昨夜は3時間スペシャルでした。私は特に俳句のコーナーを好きで見ています)でも活躍していますし、私としては、最近の恋愛系が減って文科系の?テーマの増えていた「キスマイBUSAIKU!?」を楽しく見ていたので、「アダルトで過激なテーマ」に変わったことは、なぜかキスマイの全員がテーマに挑戦するわけではないことも含めて、少し残念に思えます。あるいは、この番組に限らずこれまでいろいろな企画に挑戦してきたキスマイのメンバーが決して「ブサイク」ではないように思えてきたことも、番組の変化(スタジオの雰囲気はほとんど変わっていないように見えますが)の理由の一つなのかもしれません。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム