「監獄のお姫さま」第1話

TBSの新火曜ドラマ「監獄のお姫さま」の第1話を見ました。初回は20分拡大版で放送されていました。

夜10時からのこのドラマの最初のほうが、夜9時からのフジテレビのドラマ「明日の約束」の第1話の最後と重なっていたため、私は録画をしておいたものを後で見ました。

主な登場人物は、女子刑務所に服役した過去のある馬場カヨ(小泉今日子さん)と大門洋子(坂井真紀さん)、足立明美(森下愛子さん)、勝田千夏(菅野美穂さん)、元刑務官の若井ふたば(満島ひかりさん)、創業者からの家族経営が続いていた大手乳製品会社「EDOミルク」の若き社長で副社長から叩き上げの「イケメン社長」として有名人でもある板橋吾郎(伊勢谷友介さん)、「EDOミルク(旧江戸川乳業)」の元社長令嬢で、副社長だった板橋社長の恋人殺しの冤罪で服役中の江戸川しのぶ(夏帆さん)、板橋社長の妻の晴海(乙葉さん)、板橋社長の5歳の息子の勇介(前田虎徹さん)、馬場カヨさんの高校生の息子の公太郎(神尾楓珠さん)、検事の長谷川信彦(塚本高史さん)でした。

脚本は宮藤官九郎さんで、演出は金子文紀さんでした。主題歌は、安室奈美恵さんの「Showtime」という曲でした。

爆笑問題の「サンデージャポン」の場面から始まっていたのが何だか不思議な感じもして面白かったのですが、その“生放送”のスタジオに、ゲストとして板橋社長と経済アナリストの勝田さんが来ていました。

第1話は、刑務所で知り合った5人が、板橋社長に復讐するため、まず母親と美容院に来ていた息子をヒーローの振りをして誘拐し、その息子を利用して、2017年のクリスマスイブに板橋社長本人を誘拐し、殺人事件直後に公開された爆笑する動画から「爆笑ヨーグルト姫」と呼ばれている服役中のしのぶさんが冤罪であることを世間に公表するまでの話でした。5人は、本当の殺人犯は板橋社長だと考えていました。

私には、賑やかなドラマだなという印象の第1話でした。物語そのものが面白いかどうかということは、私にはよく分からないようにも思えたのですが、主演の小泉今日子さんなどの、演じている俳優さんを楽しむためのドラマなのかなという感じもしました。

途中、少し眠いような気持ちにもなってしまったのですが、誘拐事件の司令官の、満島ひかりさんの演じる黒ずくめの服装の刑務官が、地下駐車場で板橋社長を守る振りをしながら警棒で板橋社長を殴り倒し、「拘束」を元服役囚の馬場さんたちに命じて一列に並ばせていた場面から、少し面白く思えるようになってきました。

予告によると、次回の第2話では、数年前に遡って馬場さんたちが服役していた過去を描くようでした。現代と過去を行ったり来たりするような構成になっているのかもしれません。次回からが本格的な物語になるということなのかなと思います。


ところで、今は自民党の安倍首相の「大義なき解散」による衆議院議員選挙期間中ですが、報道によると、在日米軍は、先日の11日に沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターCH53Eが東村高江の牧草地に不時着(墜落したという説もあります)して炎上した事故を受けて一時的に停止していた同型機の飛行を、今日再開したのだそうです。小野寺五典防衛大臣は、同型機の運用の「無期限停止」を米軍側に要請していたようでしたが、結局無視されたのでしょうか。あるいは、「無期限停止」は「無期懲役」と同じく、期限を決めないものなので、日本政府は初めから早期の運転再開を知っていて形だけの要請をしていたのでしょうか。いずれにしても、日米地協定を見直さない日本政府が「強化」している「日米同盟」というものは、やはり対等なものではないのだと思います。琉球新報の記事によると、高江の牧草地で炎上した米軍のヘリコプターから飛散したという放射性物質・ストロンチウム90(半減期は約30年だそうです)について、米軍は「全ての放射性材料を適切に安全に取り除くことができた。事故現場ではすでに全ての放射性の危険は取り除かれた」と回答しているということなのですが、本当に除染されたのでしょうか。

昨夜には、航空自衛隊浜松基地所属の救難ヘリコプターが、浜松市沖で訓練中に墜落したという報道もありましたが、行方不明という4人の乗員の方たちには無事に助かってほしいと思います。

「パナマ文書」(租税回避行為に関する機密文書です。日本では報道されなくなっていますが、解決したのでしょうか)についても追っていたカルアナガリチアさんという有能なジャーナリストの女性が車に仕掛けられた爆弾で暗殺されたという報道にも驚いたのですが、アフリカのソマリアの首都モガディシオで14日に起きた大型トラックが爆発するというテロ事件の死者が300人以上になり負傷者が400人以上になっているという報道も、怖く思いました。一体何なのだろうと、憂鬱な気持ちになります。

あと、これは本当のことなのかどうかまだ分かりませんが、文部科学省の大学設置審議会は衆議院議員選挙の投開票日となる22日の翌日の23日にも、(妻の昭恵さんが名誉校長に就任していた学校法人・森友学園の、大阪地検が逮捕してからまだ何の罪も確定していない民間人の籠池前理事長夫妻のことを「詐欺師」だと、TBSの「NEWS23」やテレビ朝日の「報道ステーション」に出演した際に繰り返し述べていた)安倍首相の親友の加計孝太郎さんが理事長を務める学校法人・加計学園の経営する、愛媛県今治市に建設中の岡山理科大学に獣医学部の設置を認可する予定だということを、インターネットの報道で知りました。もしもこの話が本当なら、ということですが、政府の中枢の国会議員たちによる税金の不正使用や政治の私物化が疑われている事件なのに、文部科学省の方たちは、あるいは自民党(や公明党や日本のこころ)を支持している国民の方たちは、本当にそれで良いと思っているということなのかなと、奇妙に思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム