FC2ブログ

「家族の旅路」第2話

フジテレビの「オトナの土ドラ」のドラマ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」の第2話を見ました。

弁護士として30年前に両親と祖父を殺害した死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一さん)と面会した浅利祐介(滝沢秀明さん)は、柳瀬の前妻の母親のあかね(横山めぐみさん)の娘である河村礼菜(谷村美月さん)に、礼菜さんの義兄の光男の行方を訊くことができなかったことを打ち明けると、元担当刑事の松枝栄二郎(石丸謙二郎さん)に話を聞きに行かないかと誘われました。

両親と祖父の命日に、養父母である、大学教授の浅利孝信(益岡徹さん)と母親の姉の由美子(いしのようこさん)と共に大富家のお墓参りへ行った祐介さんは、礼菜さんの案内で松枝元刑事の自宅を訪ねました。松枝さんは、柳瀬さんの無実を信じて控訴していた津村弁護士が調べた証拠などから、柳瀬さんを送検した自身も、柳瀬さんの自白こそ虚偽だったのではないかと、無実を信じるようになっていました。

松枝さんと津村弁護士の調査では、祐介さんの両親と祖父が殺された順番は、柳瀬さんの供述の母親、父親、祖父の順番ではなく、父親、母親、祖父の順番でした。凶器も台所の包丁ではなく、新品の包丁であったことが分かり、その新品の包丁を買うサングラスの若者の姿も目撃されていました。しかし、柳瀬さんの自白のほうが重要視され、証拠としては採用されなかったということでした。

祐介さんは、最近様子がおかしいと心配していた養父母に、柳瀬と面会したことを伝え、再審の弁護士を任されるかもしれないと伝えました。柳瀬が犯人ではない可能性が1%でもあるなら弁護士として放って置くわけにはいかないと祐介さんに言われて驚いた由美子さんは、そのためにあなたを育てたのではないと号泣し、祐介さんを傷つけてしまったことを悲しんでいました。

弁護士事務所の所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎さん)は、津村弁護士の妻の津村佐智子(朝加真由美さん)を事務所に呼んでいたのですが、津村弁護士の妻も、亡き夫と同じように、柳瀬さんの無実を信じていました。

脚本はいずみ玲さん、演出は国本雅広さんでした。

第2話も、良かったです。

柳瀬さんを犯人として憎んできた祐介さんが、礼菜さんや松枝さんや津村さんの妻から話を聞くうちに、柳瀬は犯人ではないかもしれないという方向へ傾いていく感じが繊細に描かれていたように思います。

礼菜さんによると、母親の父親である花木重彦(目黒祐樹さん)は、娘の夫がすぐに亡くなったことを知らないようでした。礼菜さんも、父親が亡くなったことを伝えなかったようでした。

30年前に大学教授の夫と一緒にイギリスにいたという由美子さんが妹の生まれたばかりの子供に会ったのは、妹の遺体が安置されていた警察で会ったのが最初だったようでした。警察官が抱えていた子供を妹の子供として受け取った由美子さんが、それまでに妹が撮影した甥の写真を見たことがあったかのかどうかは分かりません。由美子さんが見ていなかったとしても、大富家の自宅には祐介さんの写真があるかもしれませんし、余程「瓜二つ」ということでなければ、いくら0歳児だとしても、見間違えることはないような気がします。

祐介さんが柳瀬さんの本当の息子の「光男」かもしれないという謎は、まだ解決していませんが、柳瀬さんがどこかに預けた「光男」の行方も不明です。柳瀬さんが、浅利家で育てられることになった祐介さんのことを気にかけていたということは、津村弁護士の妻の話から分かったのですが、「光男」のことを気にかけている様子があったかどうかも分かりません。ただ、死刑囚の息子だということが知られたら子供がかわいそうだという理由から、柳瀬さんは「光男」の行方を一切語らないということでした。

礼菜さんが末期癌の母親を時々憎みながらも心配している場面も良いですし、今回は、柳瀬さんと刑務官や教誨師の僧侶との場面も良いように思いました。全体的には重い話なのですが、筋が通っていて、しっかりと描かれているので、見応えがあります。どうなのだろうと、考えながら見ることもできるような気がします。

ところで、一昨日の報道によると、神戸大学海洋底探査センターがイギリスの科学誌「Scientific Reports」の電子版に発表した、鹿児島県・薩摩半島の南の沖の海底火山「鬼界カルデラ」に世界最大級の溶岩ドームを確認したという論文の著者の17人の中の1人に、滝沢秀明さんの名前も入っているそうです。「タッキー&翼」の活動を休止中の滝沢さんがNHKの番組のロケで採取した溶岩からその溶岩ドームが発見されたということで、滝沢さんもその神戸大の研究に関わっていたのだそうです。TBSのお正月の「クレイジージャーニー」でも、滝沢さんがマグマの沸いている溶岩湖へ出掛けている様子が放送され、すごいなと思いながら見ていたのですが、今回の報道を見て、滝沢さんは本当に「火山探検家」なのだなと面白く思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム