「家族の旅路」第3話

フジテレビの「オトナの土ドラ」のドラマ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」の第3話を見ました。

第3話は、弁護士事務所の所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎さん)の呼んだ亡き津村弁護士の妻の津村佐智子(朝加真由美さん)から30年前に大富の両親と祖父を殺害した死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一さん)が自分のことをずっと気にかけていたと知り、再び柳瀬と面会し、複雑な気持ちのまま柳瀬の再審の弁護を引き受けることにした浅利祐介(滝沢秀明さん)が、山梨の甲府時代の柳瀬が勤めていた工場の職員たちから聴いた柳瀬さんについての話の全てが柳瀬を子供想いの優しい善い人だと伝えていることを受けて、死刑囚となっている柳瀬さんの無実を自身も深く確信するようになっていく、という話でした。

脚本はいずみ玲さん、演出は村松弘之さんでした。

遠藤憲一さんの演じる若い頃の柳瀬さんが怖い顔で赤ちゃんをあやす様子が何だかかわいくもあって、面白いなと思いました。

祐介さんが、富士山の見えるアパートの下の坂道で、昔の子連れの柳瀬さんの幻を見ている場面も良かったです。

祐介さんの実の母親の姉で、事件現場に置き去りにされていた0歳児の祐介さんを引き取った養母の由美子(いしのようこさん)は、昔のアルバムを開いて、30年前の妹家族の写真を見ていたのですが、写真の中の妹夫婦に抱えられていた子供の「祐介」はなぜか後ろ向きで、顔が見えませんでした。顔が映っていたのは、由美子さん夫婦が引き取ってからの写真です。

今回は、柳瀬さんの前妻でスナックを経営している、今は末期癌で入院中のあかね(横山めぐみさん)と、その娘である河村礼菜(谷村美月さん)の確執も描かれていたのですが、スナックで働くのが好きで育児放棄のような状態だったあかねさんは、今、生まれたばかりの頃の長男の写真を見たなら、それが自分の息子の「光男」かどうかをちゃんと見分けることができるのでしょうか。

最後、柳瀬さんは色鉛筆でまた新しい富士山の絵を描いていました。調査に行った祐介さんも見ていた、アパートの前から見える富士山でした。丁寧に描かれているので、全体の展開が遅く思える部分もあるかもしれないのですが、良いドラマになっているように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム