FC2ブログ

「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」

NHKの特集ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」を見ました。

2016年の秋の土曜ドラマだった「スニッファー 嗅覚捜査官」(全7話)の特別版です。

冒頭の突然の「鼻栓番長」のCM?に少し驚いたのですが、嗅覚捜査官の華岡信一郎(阿部寛さん)は、CMに出演するほどの有名人になっていたということでしょうか。東京オリンピック・パラリンピック担当大臣で前厚生労働大臣の藤森泰三(西村まさ彦さん)に、自分の不倫写真を送ってきた人物を見つけてほしいと依頼された華岡さんは、パーティ会場を嗅ぎ回り、藤森さんの妻だと特定していました。

華岡さんの他の主な登場人物は、華岡さんの相棒の刑事の小向達郎(香川照之さん)、耳鼻科医の末永由紀(井川遥さん)、華岡さんの元妻の片山恵美(板谷由夏さん)、華岡さんと恵美さんの娘の美里(水谷果穂さん)、小向さんが外された?捜査チームの上司の上辺一郎(野間口徹さん)、小向さんの同僚の黒野昌平(竹森千人さん)、細井幸三(馬場徹さん)、早見友梨(高橋メアリージュンさん)、結婚できない小向さんの「婚活」を応援する母親の小向昌子(吉行和子さん)です。

ドラマは、チームに新しく加わったプロファイラーの七条香奈(波瑠さん)たちと共に胸部を花びらで飾った謎の男性会社員連続殺人事件の捜査をする中、遺体から微生物の匂いを嗅ぎ取って旧友の微生物学者の岩渕幸雄(松尾スズキさん)に相談に行った華岡さんが、葬儀会社を経営する佐伯誠二(丸山智己さん)に捕まって「炭疽菌」で殺されかけている小向達郎(香川照之さん)を助け出そうとする話でした。

原作は、ウクライナのドラマ「The Sniffer」(Film.UA)です。脚本は林宏司さん、音楽は岩崎太整さん、演出は堀切園健太郎さんでした。

今回は完全オリジナルの物語で、全編8Kで制作されたそうです。私は録画をしておいたものを後で見たのですが、そもそも私の見ているテレビは8K対応ではないので、8Kで制作された番組を放送時間に見たのだとしても、8Kの効果はよく分からないのかもしれません。

連続殺人を実行し、小向さんを監禁した佐伯さんは、妻とお腹の子供をアメリカで未承認だった抗がん剤の薬害で亡くしていた人でした。佐伯さんは、未承認の薬を人体実験的に日本で使うことにした製薬会社の社員に復讐をしていたのでした。妻と離婚しているような様子だった岩渕さんは、実は妻を癌で亡くしていました。抗がん剤を研究を始めた岩渕さんは、完成していない抗がん剤のデータを製薬会社の社員たちに頼まれて渡してしまったことを深く後悔し、被害者家族の会のリーダーを務めていた佐伯さんの復讐に協力していたようでした。

自分の利益と出世のためだけに怪しい抗がん剤を承認した当時の厚生労働大臣の藤森さんへの復讐が、佐伯さんと岩渕さんの最終目的だったようなのですが、佐伯さんは「炭疽菌」を撒いた犯罪者として突然警察官たちに射殺され、岩渕さんは、一人で藤森さんへの復讐を果たそうとしたのですが、華岡さんの嗅覚に解毒剤の入っている試験管を突き止められ、阻止されました。

バイオテロ事件を身を挺して阻止したという評判を広めようとしていた藤森さんは、七条さんが見つけた、射殺された際の佐伯さんの手に握られていたUSBメモリーの中の、殺す前の会社員たちの「藤森に指示された」という証言映像が公表されたことにより、失脚しました。映像を公表したのは、七条さんでした。華岡さんは、七条さんが藤森さんの写真の不倫相手だったことに気付いていたようでした。七条さんは、自分は女性であることを武器にしながら男性社会の警察組織でトップを目指すということを、華岡さんに宣言していました。

華岡さんと小向さんのやり取りも、華岡さんに「婚活男」と呼ばれている小向さんと母親のやり取りも面白かったです。バイオテロの話の時によく聞く「炭疽菌」の怖さが、このドラマではいまいちよく分からなかったのですが、ドラマによると、「炭疽菌」は人から人への感染はしないそうです。顔に毒性の斑点が現れている小向さんの顔を見た華岡さんが、汚ない顔だなと繰り返していたのも、この場合は面白く思えました。

華岡さんの家の小物や白い自動車(華岡さんには小さいようにも見えます)や演出の雰囲気のおしゃれな感じも良かったですし、華岡さんたち登場人物のコミカルな部分と事件のシリアスな要素とのバランスも良かったように思います。

私はドラマを見ていて、薬害肝炎(B型肝炎やC型肝炎)や薬害エイズ、厚生労働省が推奨していた子宮頸がん予防ワクチンの被害のことなどを思い出したのですが、そのようなところも良かったのだと思います。今回のスペシャル版もまた楽しく見ることができました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム