FC2ブログ

「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」

テレビ東京の「春の開局記念ドラマ」として放送されていたスペシャルドラマ、「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を見ました。

7年前に連続児童誘拐事件の被害者についてすでに死亡しているかもしれないとの誤報記事を書いてしまい、中央新聞の本社社会部からさいたま支局に異動になった記者の関口豪太郎(竹野内豊さん)と本社に残されたものの部長の外山義柾(木下ほうかさん)のコーヒーを入れる係にされている記者の藤瀬祐里(上戸彩さん)が、再び発生した連続児童誘拐事件の犯人が7年前と同じ二人組らしき犯人の逮捕されていない一人なのではないかと考え、警察庁担当記者の二階堂實(小日向文世さん)の協力を得ながら、誤報を恐れる上司と闘いつつ調査を進め、埼玉県警の管理官の山上光顕(松重豊さん)に取材で得た情報を提供して犯人を追い詰めていく、というような話でした。

原作は、本城雅人さんの小説『ミッドナイト・ジャーナル』でした。私は未読です。脚本は羽原大介さん、監督は佐々部清さんでした。

「スクープにこだわっているんじゃない!命にこだわっているんだ!」、「メンツを気にして情報を開示しない間に次の犠牲者が出るかもしれないんですよ!」と、竹野内豊さんの演じる関口さんは怒っていました。刑事ではないが記者にもできることがあると、児童誘拐事件を追っていた新聞の社会部の記者の、最後まで諦めないジャーナリズム精神を描いたドラマでした。

そのためか、犯人は誰なのか、なぜ児童を誘拐したのか、7年の間何をしていたのかというような部分は、描かれていなかったように思います。(でも、もしかしたら、私が見逃したり、聞き逃したりしている可能性もあります。)

上戸彩さんの演じる藤瀬記者は、いわゆる「男社会」の中で闘う社会人女性でもありました。上司にコーヒーを入れるという仕事ではない仕事が実際に今でも新聞社で行われているのかどうか分かりませんが、男性記者よりも女性記者にできることの一つが女性の被害者から話を聞くことというのは、分かるように思いました。

関口さんは、一年後、さいたま支局から甲州支局へ異動になっていて、訪ねて来た、警察担当の記者になるという藤瀬さんと再会していました。中央新聞には、藤瀬さんの署名入りの連続児童誘拐事件の記事が掲載されていたのですが、現実には、新聞社によって、必ずしも記事を署名入りにはしていないようです。署名入りの記事が少ないということは、匿名の記事が多いということになると思うのですが、それは新聞社が自社の社員の記事に自信がないとか、責任を取りたくないとか、そのようなことが理由なのでしょうか。例えば、ドラマでは、登場人物の新聞記者や雑誌記者の記事には署名が入っている場合がほとんどであるように思います。署名入りの記事を載せている新聞や雑誌のほうが、そうではない新聞や雑誌より、読者に信頼されているということでもあるのかもしれません。

物語がすごく面白かったというのとは少し違うかもしれないのですが、でも、良いドラマだったと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム