昨日の南北首脳会談のこと

昨日、韓国の軍事境界線(38度線)上の板門店の韓国側の「平和の家」という施設で、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談が行われました。南北首脳会談としては約11年ぶり(10年半ぶり)の史上3回目で、軍事境界線を越えたのは、北朝鮮の最高指導者としては金正恩委員長が初めてだそうです。

北朝鮮側の施設・板門閣から出てきた金正恩委員長が文在寅大統領と笑顔で対面した後、韓国に来た金正恩委員長と文在寅大統領とが手を取り合って、嬉しそうに軍事境界線を越えて北朝鮮に文在寅大統領を招待したり、またお二人で韓国に戻ったりしている様子を報道で見て、朝鮮半島の戦争や政治の歴史を少ししか知らないような一日本人の私も、ほっとしたような、嬉しいような気持ちになりました。あの場所が少し前に銃撃戦のあった場所だと思うと、少し不思議な感じもしました。

少し緊張した様子の金正恩委員長は、妹の金与正さんのサポートを受けながら、素直に会談に臨んでいるように見えました。金正恩委員長は、署名した芳名録に、「新しい歴史はこれから 平和の時代 歴史の出発点で」と記したそうです。文在寅大統領は金正恩委員長の勇断だと述べていましたが、その金正恩委員長の勇断と、文在寅大統領の落ち着いた判断、韓国政府と北朝鮮政府の職員の方たちの地道な交渉と入念な準備が、朝鮮戦争を休戦から終戦にして朝鮮半島の完全な非核化を目指す、核なき朝鮮半島を目指すという「板門店宣言」につながったのだろうと思います。

今すぐに非核化が実現するわけではないとしても、戦争も核兵器もない平和な朝鮮半島にすることを目指すと韓国と北朝鮮が公式に宣言をしただけでも、それは立派な進歩だと思います。北朝鮮にいるという拉致被害者の方たちが早く帰国できるようになるといいなと思います。報道によると、拉致被害者家族の方たちの中には、宣言を聞いてがっかりしたと話していた方もいるようなのですが、がっかりしたという言葉は、何というか、どちらかというと、拉致問題を解決すると言いながら北朝鮮政府や金正恩委員長と直接対話をしようとしないで他国の政府に頼ろうとしている日本政府の政治家に言ったほうがいい言葉なのではないかとも思いました。

金正恩委員長は、「冷麺」を遠くから持ってきたと文在寅大統領に言って、遠くからと言ってはいけませんねと言い換えていましたが、「冷麺」は北朝鮮発祥の料理なのだそうです。朝鮮戦争の時に北朝鮮から韓国へ移った方たちが韓国に広め、日本にも広まったのだそうです。私はテレビ東京の池上彰さんの番組で知りました。

昨日の南北首脳会談の様子を報道番組で見ていて、NHKの番組で韓国に住んでみた草なぎ剛さんが会って話していた、故郷が北朝鮮にあるという方や親戚が北朝鮮に住んでいるという方たちも、今回の南北首脳会談を嬉しく思っているのかなと思いました。文在寅大統領のご両親の?実家も北朝鮮にあるそうなのですが、もしも韓国の大統領がリベラルな文在寅大統領になっていなければ、南北首脳会談はまだ行われていなかったのかもしれません。父親の金正日総書記の亡き後、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)という一国の最高指導者となった20歳代後半か30歳代前半くらいの若い金正恩委員長と笑顔で穏やかに話す文在寅大統領が、何となく、金正恩委員長の久しぶりに会う親切な親戚のおじさんのようにも見えました。金正恩委員長を乗せた黒い車の周囲を護衛の方たちが取り囲むようにしてゆっくりと走る様子も、(初めて見たからかもしれないのですが)何だか面白く思えました。

アメリカのドナルド・トランプ大統領と金正恩委員長との会談はこれからですし、東アジアを取り巻く世界の未来がどうなるのかは分かりませんが、今回の南北首脳会談が平和のうちに無事に終わったことに、日本でこの首脳会談ことを伝えるニュース番組を見ていただけの私もほっとしました。首脳会談は、行わないよりは行ったほうがいいものなのだと思います。「微笑み外交」という言葉を時々聞きますが、それは、どこの国の政治家も行っていることのように思えます。ドイツの「ベルリンの壁」が壊された時もそうでしたが、自分たちの世界を隔てていた壁を壊すのは「今」なのだというスピード感は、大事だと思います。今後は話し合いもしやすくなるのだろうと思いますし、具体的なことは、これからまた各国の政府間で話し合って決めていくのだろうと思います。良い方向に変わっていくといいなと思います。戦争は絶対に起きてほしくないです。先日の「持論公論」では、学校を軍事関連施設として使わないようにしようという人道上の観点から考えられた「安全な学校宣言」に日本政府やアメリカ政府は賛成せず不支持の立場であるということが言われていましたが、一体どうしてなのでしょうか。他に言いようがないのですが、戦争のない、平和な世の中になってほしいです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム