FC2ブログ

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」第3回

NHKの土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」の第3回を見ました。

先週の第2回は、高城法律事務所の所長の高城英子(南果歩さん)の指示でスクールロイヤーとして青葉第一中学校に派遣された学校嫌いの新人弁護師の田口章太郎(神木隆之介さん)が、ブラックとも思える教師たちの過重労働の実態と、それを仕方がないことだと受け入れている教師たちの仕事への向き合い方を目の当たりにする、というような話でした。

前回の最後、突然バドミントン部の顧問を任されることになった非正規の理科教師の宇野公平(佐藤隆太さん)は、倉守校長(小堺一機さん)に休むことを拒否されると、母親の福祉施設への引っ越しを深夜に行い、翌日にも休まずに学校に出勤したのですが、体育館で練習をしていたバドミントン部の生徒が怪我をするという事故が起きてしまいました。

第3回は、部活動の最中に大きな事故が起きた時の顧問の教師の責任の取り方、あるいは訴訟を避けたい学校側の対処の仕方の話でした。

バドミントン部の男子部員の振ったラケットが、後ろにいた女子部員の右目に当たり、女子部員は大怪我をしてしまいました。顧問の宇野先生は、昨夜の引っ越しの疲れか、過労のためか、練習が行われている体育館の椅子に座ったまま、居眠りをしてしまっていたようでした。被害生徒の親が訴訟を起こすと怒っているということを知った倉守校長は、中学校を守るため、非正規教師の宇野先生一人に事故の責任を押し付けて切り捨てることを考えました。

スクールロイヤーの田口さんは、ピンチはチャンスではなく、ピンチはピンチであり、嘘や言い訳は事態を悪化させるだけだと考えていました。学校の先生になるのが夢だったという宇野先生の思いを知っていた田口さんは、倉守校長のしようとしていることは「トカゲの尻尾切り」だと納得がいかず、宇野先生の居眠りは過労の影響もあるのだから、反対に、教師に過重労働を課しているとして中学校側を訴えようと、宇野先生に提案しました。

宇野先生は、最初はそのつもりでいたようだったのですが、しかし、途中で諦めました。被害者になった生徒と、加害者になってしまった生徒の未来を思っての判断でした。教務主任の三浦雄二(田辺誠一さん)は、過労であったとしても生徒たちの前で居眠りをしてはいけなかったのだと、責任を取って学校を辞めるという宇野先生の判断を支持しました。そして、もうすぐ子供を生む予定の妻のいる宇野先生は、中学校の先生を辞め、三浦先生の口利きで、塾の講師に転職することになりました。

生徒側との示談の成立に安堵した倉守校長は、「一身上の都合」で退職することになった宇野先生に拍手を送りました。宇野先生のお別れ会を開こうと話していた先生たちは、その日も夜遅くまで仕事をしていて、ようやく帰宅した三浦先生は、万引き(窃盗)をした生徒の件で再び連絡を受け、休憩する間もなく急いで家を出ました。家を出る直前、三浦先生は、テーブルの上に置かれていた離婚届を見ていました。その頃、宇野先生の退職に納得がいかない様子の田口さんは、弁護士事務所の机で黙々とカップラーメンを食べていました。

作(脚本)は浜田秀哉さんです。演出は佐々木善春さんでした。

これまでこのドラマに登場する「クレーマー」の保護者や近隣住民が「クレーマー」としてのみ描かれていたことが少し気になっていたのですが、今回にはそのような「クレーマー」は登場しませんでした。“絶対的な悪”が出て来ない学校ドラマになっていて、良かったです。

高城所長や三浦先生に説き伏せられる、神木隆之介さんの演じる新人弁護士の田口さんの、論理的で正義感が強くて真面目で真っ直ぐだけれどすぐに行き詰まって悩みが絶えないようなところも、若手の人らしい感じが出ていて良かったように思います。

このドラマを見ていると、学校の先生たちは忙しいのだなということがよく分かるように思うのですが、先生たちが職場環境を内側から変えようと声を上げない限りはなかなか変わらないのかなという風にも思えてきます。学校を守りたい倉守校長は非正規の宇野先生の代わりになる先生はいくらでもいるという風に考えていましたが、いないかもしれません。


ところで、これはこのドラマの前に放送されている「ブラタモリ」のことなのですが(昨夜の回は京都の続きで、宇治茶の特集でした)、タモリさんやアナウンサーの方たちの服装が放送時の季節と合っていないことが多く、これは初回の放送ではなく再放送なのだろうかと思うことが私は時々あります。何月上旬というくらいでもいいので、いつ頃に撮影されたものなのかということを字幕などで画面に出してほしいように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム