FC2ブログ

「世にも奇妙な物語'18春の特別編」

フジテレビのドラマ「世にも奇妙な物語'18春の特別編」を見ました。録画をしておいたものです。

今回の「世にも奇妙な物語'18春の特別編」に関しては、私は予告編のCMを見る機会がなぜか一度もなく(どこかでは流れていたのかもしれませんが)、番組表を見て恒例の「世にも奇妙な物語」の「特別編」が放送されると知り、何が放送されるのか内容を全く知らないまま見始めました。

1話目の「フォロワー」は、SNSで“東京の港区在住のキラキラ女子”を自己演出していた地方都市の小さな会社の事務員の藤田小春(白石麻衣さん)が、フォロワーの求める輝く女性になろうとして、ストーカーのように自分を絶えず見張る得体の知れないフォロワーからの圧力に次第に追い詰められていくという話でした。脚本は岡本貴也さん、演出は山内大典さんでした。

「SNS」を使うことが流行している現代性を活かした“都市伝説”風の物語という印象でした。

2話目の「不倫警察」は、世論の要求に応じて不倫取締庁が作られた清く正しい美しい国・日本?の会社員で愛妻家の葛木良男(唐沢寿明さん)が、部下の京野鈴香(筧美和子さん)との不倫(この場合の不倫にはセクシャルハラスメントも含まれているようでした)を疑われて不倫取締官に逮捕され、不倫を取り締まる社会を変える革命を起こそうとしていたテロリストと共に脱走して数日後、みんなが怯えていた世間がすでに消滅していたことを知る、という話でした。脚本はブラジリィー・アン・山田さん、演出は佐藤祐市さんでした。

近未来の話なのだと思うのですが、近未来の世界に生きているはずの葛木さんの感覚は意外と現代日本的でした。最後は少し唐突だったような気もするのですが、社会派の物語となっていたところは良かったように思います。

3話目の「明日へのワープ」は、映画監督を目指して10年経っても一向に評価されないことに苦しんでいた青年・小林峰雄(三浦春馬さん)が、ある日通院先の精神科の医師(相島一之さん)に、1錠で過去24時間分、3錠で過去1週間分の記憶が消えるアイリウムというアメリカ製の薬をもらい、辛い現実を忘れるために一度に多量の服用はしないでくださいという忠告を無視して多量の錠剤を飲み、意識を取り戻した時には2033年になっていて、15年分のそれまでの人生の記憶を失っていることに気付いて愕然とする、という話でした。脚本は安江渡さん、演出は植田泰史さん、原作は小出もと貴さんの『アイリウム』という漫画だそうです。

薬の効能としては、薬を1錠服用してすぐに24時間前の記憶が消えるというのではなく、服用してから24時間後に24時間分の記憶が消えるということのようでした。服用者は、記憶が飛んで未来にワープしたように感じるということでした。記憶が消える前に連続して1錠ずつ飲むとどうなるかということは分かりません。ただ、15年分の記憶を失う前の小林さんは、病院の引き出しから無断で持ち出した大量の薬を一気に飲んだようでした。

謎の薬が登場する、そのようなSF的な要素は良かったと思うのですが、「夢落ち」のような結末は、「世にも奇妙な物語」の話にはよくある展開と言えばそうなのかもしれませんが、私にはあまり良いとは思えませんでした。

でも、恥をかくことや辛い思いをすることから逃げて全てを消し去ってしまった、どうせ終わるなら全てをこの身に刻んでおけば良かった、と後悔した小林さんが、“胡蝶の夢”から覚めて、記憶が人生を映す鏡ならどんな記憶からも逃げてはいけないと、毎日を大切に生きるようになるという最後は、それなりに良かったように思います。

4話目の「少年」は、自宅近くの坂道ですれ違った自転車に乗った少年が坂の下の十字路で交通事故に遭ったのを目撃した会社員の岡林遙(倉科カナさん)が、その後、その少年に度々尾行されるようになる、という話でした。

交通事故に遭った少年(高村佳偉人さん)は、看護師に名前を聞かれ、たやまけいすけ、と答えました。しかし、看護師が自宅に連絡すると、電話に出た母親は、けいすけは死にました、と答えて電話を切ってしまいました。再び看護師に名前を聞かれたけいすけさんは、けんたです、と答えました。

遙さん(名前の漢字は「遥」ではなく「遙」だったような気がするのですが、もしかしたら私の見間違いかもしれません)は、家の前に立っていたり、付いて来たりする少年を怪しんでいたのですが、ある雨の路上で、スーパーマーケットで買ったトイレットペーパーの忘れ物を届けてくれた少年が傘を差していないのを見ると、かわいそうに思って家に上げました。少年は、遙さんが別の部屋へ行っている間に家探しし、遙さんのスマートフォンの電源を入れると、考えながらある番号を入力し、遙さんと交際相手の男性の写真が大量に入っているのを見ていました。

自分の名前を知っている不思議な少年のスニーカーの靴紐の結び方に少し違和感を覚えていた遙さんは、上杉亮太と名乗る少年が交際相手のカップを棚から取り出して突然割ったことにショックを受けるのですが、少年は、遙さんが大切にしているカップの持ち主がすでにいないことを見抜いていました。遙さんは、少年が「あいつ」と呼んだことに驚き、自分のことを「はるか」と呼ぶ少年を部屋から追い出しました。

遙さんが今も部屋に痕跡を残している交際相手は、11年前に交通事故で亡くなった田山啓輔さん(健太郎さん)でした。啓輔さんの実家の仏壇に手を合わせた遙さんは、啓輔さんの母親から、啓介もあなたには幸せになってほしいと思っていると思うと言われたのですが、その後、病院から田山啓輔は無事だという変な電話があったと言われ、はっとして家に帰りました。啓輔さんは、就職が大阪の会社に決まったことを遙さんに電話で報告した時、遠距離恋愛になることを不満に思った遙さんからどうして相談してくれなかったのかと怒られ、誤解を解こうとして家を飛び出し、遙さんの家に向かう途中で交通事故死したようでした。駅を降りて少年を捜し回った遙さんは、坂道で少年の姿を見つけると、啓輔!と呼び止めました。

少年は、自分は啓輔さんの生まれ変わりで、事故の直後に前世の記憶が蘇ったのだと遙さんに説明しました。自分と啓輔さんしか知らない出来事を詳しく知っている少年の言葉を信じた遙さんは、やっと会えたけど9歳では結婚できないと笑っていたのですが、啓輔さんは、前世の記憶はいつか消えると言い、一緒にいることはできないということを遙さんに伝えました。

俺は遙を悲しませるために出会ったのではない、これからどうするのと言う啓輔さんに、ずっと自分を抑えて来た、苦しかった、辛かった、寂しかったと言った遙さんは、会いに来てくれてありがとう、ずっと私のことを大切に思ってくれてありがとう、これからは自分を大切にする、大切にして生きると告げました。ありがとう、と遙さんを抱きしめた啓輔さんの姿は、次の瞬間には少年の姿に戻っていました。啓介さんの記憶は亮太さんから消えていました。

ある日、土手でサッカーをしている亮太さんを見かけて立ち止まった遙さんは、亮太さんが解けたスニーカーの紐を啓介さんとは違う普通の結び方で結んでいるのを見て、ほっとしたような笑顔で前を向いて歩いて行きました。

脚本は橋部敦子さん、演出は城宝秀則さんでした。

ある日目の前に現れた見知らぬ少年が自分に関わる意外な人物だった、という物語としては、全く見たことがない新しい物語という感じはしなかったのですが、オムニバスドラマの短編の一つの話としては、良かったです。映像もきれいでしたし、良い話でした。

倉科カナさんの演じる遙さんと、高村佳偉人さんの演じる少年と、健太郎さんの演じる青年・啓輔さんの雰囲気が良かったのかもしれません。少年は啓介さんの前世の記憶を持っていると少しずつ分かった辺りから、私としては何となく、昔に読んだ日渡早紀さんの漫画『ぼくの地球を守って』のことを少し思い出しました(内容を完全に憶えているわけではないのですが、木蓮だった高校生の亜梨子と紫苑だった小学生の輪くんとの関係性が特に印象的でした)。

ドラマ「少年」には、原作はないのでしょうか。「明日へのワープ」以外の3作には原作の記載がなかったような気がしますが、オリジナルドラマであるということは大切なことだと思います。

ストーリーテラーのタモリさんは、冒頭と最後、宇宙の太陽系において地球が生命の居住可能な惑星として存在しているハビタブルゾーンについて話していて、約700年前に誕生し今では人工衛星を約4400基も宇宙に飛ばすようになった人類が暮らしているその地球の表面が数年後には高温化するかもしれないと警鐘を鳴らしていました。

1話目の後と4話目の後には、前後編の「ショート奇妙 城後波駅」がありました。無人の電車で謎の城後波駅の調査に向かった記者(岡田義徳さん)が殺人駅員のいる路線から出られなくなるというような話でした。ガチャピンとムック(私の知っている声とは違っていました)がいる理由はよく分かりませんでしたが、昔ながらの怖い話のようでもあり、意外と「世にも奇妙な物語」らしかったような気もします。

歴史のある「世にも奇妙な物語」のドラマにどの俳優さんが出演するかということではなく、そこで語られる物語の内容に重点を置いて、また面白い新しい「世にも奇妙な物語」を作ってほしいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム