イギリスのヘンリー王子とメーガンさんの結婚式のこと

昨夜の8時頃から、NHKのBS1やBS日テレなどでは、イギリス王家のヘンリー王子とアメリカ人女優のメーガン・マークルさんの結婚式(ロイヤルウェディング)の様子が生中継されていました。

ロンドン近郊のウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂の門のアーチの周囲には白いバラの花がたくさん咲いていて、礼拝堂の中の木の彫刻やカラフルなステンドグラスやガーター勲章を授与された家のたくさんの旗(天皇家の菊の御紋の旗も見えました)や白と黒の大理石の床の複雑な豪華さに、イギリスの歴史の重みのようなものを感じました。海老茶色のおしゃれなデザインの車を降りて来た、白いシンプルなデザインのウェディングドレスのメーガンさんがとてもきれいでした。ブライズメイドやページボーイを務める子供たちの中には、ジョージ王子やシャーロット王女もいました。メーガンさんのお父さまは療養中で結婚式に出席できないということで、メーガンさんはチャールズ皇太子にエスコートされてバージンロードを歩き、少し緊張した面持ちで待っていたヘンリー王子と手を取り合っていました。メーガンさんの指輪や小さなブーケには、亡きダイアナ妃への思いが込められているということでした。

結婚式の最初の頃は普通のカトリックの結婚式という印象でもあったのですが、米国聖公会のカリー総裁主教の、身振り手振りの大きい芝居がかった長い演説の説教(15分以上あったような気がします)が意外と面白かったです(何となくなのですが、途中から俳優の竹中直人さんのようにも見えてきました)。エリザベス女王は静かに聴いていたように見えましたが、カミラ夫人やウィリアム王子は楽しそうに少し笑っていました。中継の同時通訳によると、愛はすばらしいとか、愛には世界を変える力があるとか、第二の火としての愛が発見されたら人類はもっとすごい力を得るとか、カリー総裁主教はそのような話をしていたように思います。南部訛りがあるようだとも解説されていたカリー総裁主教の話や動きのリズム感が楽しくて(その一方で後ろの司祭が無表情で動かないのも面白く思えたのですが)、結婚式の行われている場所がイギリスの教会ということを忘れそうというか、映画「天使にラブソングを」が始まりそうな雰囲気だったのですが、カリー総裁主教の大演説の後、礼拝堂の後ろで、黒人の方が集まって映画「スタンド・バイ・ミー」の混声合唱を披露していたのがすばらしくて、楽しい、すてきな結婚式だなと思いました。

イギリスの礼拝堂に一気にアメリカ色が強くなる感じもすごいなと思ったのですが、ヘンリー王子とアフリカ系にルーツを持つという女優のメーガンさんの結婚をお祝いするため、人々が街に飾っていた国旗には、イギリスの国旗やアメリカの国旗の他に、メーガンさんが暮らしているというカナダの旗もあり、国際色豊かなところも、英国王室が率先して多様性を認めていこうとしているところもすばらしいなと思いました。ヘンリー王子は、結婚式の後、エリザベス女王からサセックス公爵の爵位を与えられたそうです。

昨日のロンドンはとても良く晴れていて、すっきりと広がる青空と木や芝の緑が鮮やかでした。中継先の方が今の気温は20度だと伝えていたのですが、イギリスは5月が一番良い季節なのだそうです。私はイギリス王室のことも詳しくは知らないのですが、自由に生きようとするお二人の結婚が多くの人々に祝福されているということや、お二人が新しい王室を作る一助になろうとしているということがよく伝わってくる結婚式になっていたように思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム