FC2ブログ

「ブラックペアン」第5話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「ブラックペアン」の第5話を見ました。

第5話は、スナイプによる僧帽弁手術が成功したはずの患者・島野小春(稲垣来泉さん)の心臓の中核に感染症が見つかり、東城大学医学部付属病院の外科医の佐伯清剛教授(内野聖陽さん)の下を去って帝華大学病院の外科教授の西崎啓介(市川猿之助さん)の下に戻る準備を始めていた外科医の高階権太(小泉孝太郎さん)が、佐伯教授がスナイプの論文の撤回を日本外科ジャーナルに申し入れる中、小春さんの再手術を帝華大学病院が所有する内視鏡下手術支援ロボット・ダーウィンで行うことを思い付く、という話でした。

脚本は丑尾健太郎さんと神田優さん、演出は渡瀬暁彦さんでした。

上司の西崎教授や佐伯教授の思惑に振り回され、失うものは何もないという状況になって、「私は医者だ」と改めて気付き、「だからこそできることがある」、「必要ならルールは変えろ」と小春さんを助けるために奮闘する高階さんが主役の回だったように思います。

今回も最終的には、佐伯教授の命により高階さんに代わって小春さんの主治医となった外科医の渡海征司郎(二宮和也さん)の事前の準備が小春さんの手術の役に立っていたのですが、今回にはさらに、ダーウィンの説明書を読んでおいてほしいと渡海さんに渡しに来た高階さん自身も手術の技術力の高い医者なのだということが示されていました。

渡海さんに、人って変わるんだな、と言われた高階さんが、大学病院では渡海先生のような出世に興味のない人が一番強い、と言っていた場面も良かったです。ダーウィンを使った小春さんの手術を成功させた高階先生は、西崎教授に褒められると、再び西崎教授の配下の立場に戻ってしまったようなので、大きく変わることはできなかったのですが、それでも、少しでも変わることができたことは良かったのではないかなと思います。

高階さんや渡海さんは、出世欲の強い上司を利用しながら、良い医療環境を作ることを目指しているのかなとも思います。それでも、患者をキャリアアップのための道具としてしか見ていないような性格の悪そうな人物たちが多く登場するという点は、まだ見ていて慣れないですし、それを反面教師とするような良い場面もあると思うのですが、時々不快にも思えます。例えば、患者の小春さんの手術についての話の中での渡海先生の「ガキを殺せ」という言葉なども、私には残念に思えました。最新の医療機械のない病院の医師たちのことをを田舎者と呼ぶ医者など、実際にもいるのでしょうか。物語自体が面白くないということではないのですが、研修医の世良雅志(竹内涼真さん)や「患者にとっては良い医者」だと新人看護師の花房美和(葵わかなさん)が評していた高階先生が主役の医療ドラマになっていたほうが、見やすい医療ドラマになるのではないかなとも思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム