「執事 西園寺の名推理」最終回

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「執事 西園寺の名推理」の最終話(第8話)を見ました。

第8話は、伊集院グループの大株主の伊集院百合子(八千草薫さん)を亡き夫の光弥さんの双子の兄の伊集院佑一郎(里見浩太朗さん)が最高経営者の座から引きずり降ろそうとしていると代議士の大川龍之介(古谷一行さん)から警告を受けた執事の西園寺一(上川隆也さん)が、最高経営者会議の二日前、なぜか深夜に呼び出された百合子さまに代わって出かけた伊集院フーズの社長の家で社長が刺殺されているのを発見し、現場から立ち去ったことで殺人犯の容疑者として警察に追われる中、百合子さまを陰謀から守るため、犯人ではないと信じてくれた城南第一署の刑事の丸山昭雄(佐藤二朗さん)と共に真犯人捜しに出かける、というような話でした。

脚本は三浦駿斗さん、監督は橋本一さんでした。

最終回は、百合子さまの伊集院グループの話で、いつも執事の存在を面倒くさそうにしていた丸山刑事が西園寺さんを認めるというところなどには最終回らしさがあったように思います。

西園寺さんが古いコルクスクリュー(ワインオープナーは和製英語なのだそうです)の形から真犯人を見つけ出すというところも、執事が探偵になる物語として、良かったように思います。

ただ、最終回では西園寺さんの過去が描かれるのかもしれないというのは、私の思い違いでした。

最終回でも、どこかで光弥さんに救われて百合子さんの執事を任されることになったらしい西園寺さんの過去は、特に描かれませんでした。

西園寺さんの過去を知る大川議員の使い方も少し中途半端だったように思えたのですが、花乃まりあさん演じる大川さんの秘書の水城希さんも、やはり最後までほんの少ししか登場しませんでした。

ドラマの中で、西園寺さんには何かある、西園寺さんは何者なのだろうと思わせるような過去の要素を時々出しながら、最後にはメイドの板倉明美(池谷のぶえさん)と前田美佳(岡本玲さん)と助手執事の澤田慎次(浅利陽介さん)たち登場人物に、西園寺さんの過去なんてどうでもいいですよね、と言わせてしまうというのも、何か違うような気もしました。

脚本や演出を複数の方が担当しているドラマだったためか、私には、面白く思える回もあれば、どうなのだろうと思えてしまうような回もあり、一話完結のミステリーというだけではなく、毎回の物語の質も異なっていたような気がします。

それでも、上川隆也さんの演じる“完璧な執事”の西園寺さんと八千草薫さんの演じる百合子さまとの信頼関係の強さや上品な言葉遣いの穏やかな会話は、毎回良かったです。このドラマはそもそも、そのような西園寺さんと百合子さまの和やかな様子を描くためのドラマだったのかもしれません。私はメイドさんたちとは違って西園寺さんの過去のことも少し気になってしまうのですが、最後までそれなりに楽しく見ることができました。

「執事 西園寺の名推理」の最終回の後の予告によると、この「金曜8時のドラマ」枠の次回作は「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」の第3弾になるそうです。大杉漣さんの亀山係長はいないのかと少し寂しく思いますが、第3弾もまた見てみようかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム