FC2ブログ

「高嶺の花」第1話

日本テレビの新水曜ドラマ「高嶺の花」の第1話を見ました。初回は10分拡大版で放送されていました。

華道「月島流」の家元・月島市松(小日向文世さん)の長女の月島もも(石原さとみさん)は、婚約者だった吉池拓真(三浦貴大さん)が結婚式の直前に別の交際相手の真由美(西原亜希さん)を妊娠させたことを謝罪して婚約を破棄したという半年前の出来事のショックから、半年間食べ物の味を感じなくなっていたのですが、自転車を修理してもらおうと駆け込んだ商店街の自転車店の店主の風間直人(峯田和伸さん)と出会い、その穏やかな優しい性格に救われていきました。

ももは、月島流を継ぐ自身のない異母妹のなな(芳根京子さん)から、天才的な華道家として尊敬されていました。実際に才能があって、人気もあるので、市松は長女のももさんを跡継ぎにしようとしているようで、傷心のももさんの心の病を直すため、誰でもいいから優しい男性と付き合うことを勧めていました。ももさんは、みんなから「ぷーさん」と呼ばれている風間さんと仲良くなったのですが、一方で市松さんは、月島流を発展させるために、新興流派の人気華道家で野心家の宇都宮龍一(千葉雄大さん)とももさんを結婚させることを考え始めていました。

市松が仕切る月島家には、運転手の高井雄一(升毅さん)、使用人の金(正司照枝さん)と銀(正司花江さん)、ななの母親でももの継母の月島ルリ子(戸田菜穂さん)がいます。

風間さんは寝たきりの母親の節子(十朱幸代さん)を自宅の2階の部屋で一人で介護していたようなのですが、母親は亡くなり、一人暮らしになりました。節子さんは、息子には夢を叶える才能があると信じていました。ももさんの身の上話を聴いて、裏切られても愛する人を憎むことができずに哀しんでいるももさんには本当の愛があると、ももさんを「いい女」だと褒めていた風間さんのホワイトボードを使った「喜怒哀(愛)楽」の解説(私には何となく「金八先生」が言いそうなことのようにも思えました)も、節子さんの教えによるものだということでした。

脚本は野島伸司さん、演出は大塚恭司さんでした。音楽は上野耕路さん、主題歌はエルヴィス・プレスリーの「ラヴ・ミー・テンダー」でした。

最後、ななさんに代わって華道の舞台に立ったももさんが、「花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに」と小野小町の歌を大きな声で読み上げていた場面や、そこからの「つづく」の書?もそうなのですが、タイトルや出演俳優さんの名前の書道的な文字、原色の花の万華鏡のような映像、太鼓の音など、ところどころ和風の劇画調要素が盛り込まれていたように思います。

「高嶺の花」(見えてはいるけれど手の届かない高い山の上に咲いている花)は、このドラマでは、男性の風間さんから見た女性のももさんのことを指しているようなのですが、それだけなのでしょうか。

私はこのドラマを、野島伸司さんの脚本のドラマという理由で見てみることにしたのですが、第1話を見た限りでは、このドラマの面白さのようなものはまだよく分かりませんでした。

主人公のももさんを始めとする登場人物たちの妙に馴れ馴れしい感じというか、誰とでもすぐに仲良くなることができそうな感じは、私には少し不自然に見えるのですが、少し昔風のドラマの展開にはこのくらいの、昔のドラマのような強引さが必要なのかもしれないとも思います。

人気作だったらしいTBSのドラマ「アンナチュラル」を最後までいまいちあまり面白く思うことができなかった私には、そのドラマでも主演を務めていた石原さとみさん主演のこのドラマを、それだけでは見続けることはできないと思うのですが、野島伸司さんの脚本のドラマらしい何かが次回以降にはあるかもしれないという期待感はまだあります。

近年の野島伸司さんの脚本の日本テレビの連続ドラマでは、私は、「お兄ちゃん、ガチャ」という作品(深夜の30分ドラマでした)をとても好きで見ていました。現実とは異なるドラマの世界観がしっかりと作られていて、俳優さんたちも良かったですし、ファンタジー作品らしい映像もきれいでした。「理想の息子」という土曜ドラマも、面白かったです。

「高嶺の花」がいつかそのような、一風変わった作品に変わるかどうかは分かりませんが、もしかしたら少しずつ私もこのドラマを面白く思えるようになっていくのかもしれませんし、野島さんの脚本ということに何となく期待しつつ、次回も見てみようかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム