FC2ブログ

猛暑日の「音楽の日2018」

昨日のTBSでは「音楽の日2018」が放送されていました。

「音楽の日」は、東日本大震災の起きた2011年に始まった中居正広さんとTBSの安住紳一郎アナウンサー司会の長時間生放送の音楽番組で、今年で8回目となります。「第1部」は午後2時からの放送ということで、その全部を放送時間に見ることはできなかったのですが、夜の頃には私も見ることができました。合唱企画では、東京と北海道と福島(被曝の影響で封鎖されていた「Jヴィレッジ」を再開したそうです)と広島と沖縄、そして台湾(今回の西日本広域多発豪雨の被害に関しても台湾はいち早く支援を表明してくださったそうです)を中継でつないでいました。

King & Princeの「シンデレラガール」や、DA PUMPの「U.S.A.」、三浦大知さんの歌う久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」(深夜の「第2部」で披露されていた「世界」も良かったです)、藤井フミヤさんの歌う井上陽水さんの「少年時代」、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」(「第2部」では「輝きだして走ってく」)とその歌で踊るTBSの新ドラマ「チア☆ダン」に出演中の女優の土屋太鳳さんたちのチアダンス、中居さんと「うたばん」以来の10年ぶりの再会をしていた宇多田ヒカルさんの「初恋」、TBSの「ザ・ベストテン」に出演していた時の映像や主題歌を担当していたドラマの映像と共に紹介されていたサザンオールスターズの「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」と「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」と「壮年JUMP」など、いくつか、私も見たり聴いたりすることができて良かったです(深夜から朝5時頃まで放送されていたという「第2部」の大部分は、録画をしてあるのですが、まだ見ることができていません)。

TBSの「情報7days ニュースキャスター」も、恒例の?「音楽の日」つながりの、出演者たちのゆるい演奏(口笛とコーラス)で始まっていました。「平成最後の『音楽の日』」と言われていましたが(先週の日本テレビの「THE MUSIC DAY」の時にも言われていたかもしれません)、5月1日以降、「平成最後の」とつけると何でも何となく感慨深い感じになっているような気がします。

昨日も今日も、全国的に猛暑になっていると天気予報で言われています。本当に暑いです。35℃を簡単に越えて40℃近い気温になるというのは(直射日光の当たる場所はもっと暑いと思います)、やはり異常なことなのではないかと思います。私の小学生の頃には、30℃になることも珍しく、30℃になった日には熱中症になるから外で遊んではいけないと注意されていましたし、寒いのにプールの授業がある日も度々ありました。今から思うと、今では考えられないくらい、それは涼しい夏だったのだろうと思います。夏の気温が高くなっているのは温暖化の影響だと言われていたのですが、最近では地球は寒冷化しているとも言われていて、専門家の方々の説の一体何が本当のことなのかよく分かりません。

猛暑のために更なる悪臭を放っているという、「平成最悪の水害」となった西日本豪雨の被災地のごみ(災害廃棄物)の山は、近県の廃棄物処理施設などに運んで片付けることができるのでしょうか。もしも大都市で大災害が起きたなら、災害廃棄物の量はもっと大変なことになるのだろうと思います。昨年の夏の頃に放送されていた、日本テレビの「NNNドキュメント」の「4400人が暮らした町~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園~」では、公園となった地面の下に埋められていた当時の被爆した町の“生活遺品”が発掘されていました。西日本豪雨の土砂災害による廃棄物の山の中には泥まみれの電化製品などもありますし、廃棄物の全部を埋めることはできないかもしれないと思いますが、もしかしたら、一部はどこかの土の下深くにそのまま埋めることになるのかもしれません。南海トラフの地震を最も警戒しているらしい政府は、東日本大震災以降、災害廃棄物のことをどのように考えてきたのでしょうか。「平成最後の」と「平成最悪の」が重なっているということも気になります。疲労と暑さと水の少なさから、熱中症のために避難所で亡くなった方がいるとも報じられていますが、そのような災害関連死が続かないようにしてほしいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム