FC2ブログ

サッカーW杯ロシア大会のフランス代表とクロアチア代表の決勝戦

TBSの「日曜劇場」の新ドラマ「この世界の片隅に」の第1話や、関ジャニ∞が6人となったテレビ朝日の「関ジャム」などの放送されていた、猛暑日の続く昨日の深夜、NHKでは、FIFAワールドカップ2018ロシア大会のフランス代表とクロアチア代表との決勝戦の試合が生中継されていました。

私は眠くなりながら、そのモスクワでの決勝戦の中継を何となく見ていました(試合の最後のほうでは複数の乱入者が捕まっていました)。結果は、4-2という点を取り合う試合で、フランス代表が優勝しました。1998年のフランス大会以来の20年ぶりとなる2度目の優勝だそうです。最初のフランスの1点はクロアチア選手のクリアミスによるオウンゴールだったのですが、セットプレーでもパスをつないだ流れの中でも、期待されている若手選手が確実に期待通りに活躍できていたフランス代表は、やはり強いのだなと思いました。

試合終了後、少しして雨が大降りになってきたのですが(試合前にも少し雨が降っていたようでした)、選手たちにメダルを授与する表彰式の時に、ロシアのプーチン大統領(過去の大会でも政治家の方は表彰台に来ていたのでしょうか)の上にだけその背後に立っていたSPの人らしきスーツの男性が黒色の丈夫そうな傘を差していたのが、中継映像を見ていてとても不思議でした。プーチン大統領の隣に立っていたフランスのマクロン大統領やクロアチアのキタロヴィッチ大統領は、大雨に濡れた状態で選手たちと握手などをしていました。ロシアで開催されている大会なので、係の方たちは自国の大統領よりも先にゲストの要人たちの上に傘を差したほうが良いのではないだろうか、どうして人数分の傘を用意していないのだろうかと思いながら見ていたのですが、それから10分ほどして、ようやくマクロン大統領やキタロヴィッチ大統領たちの上にも雨を避ける傘が到着していました(プーチン大統領の丈夫そうな傘よりも骨の数の少ない普通の傘でした)。

準優勝の銀メダルをもらうクロアチア代表の選手たちは複雑そうでしたが、5大会ぶり度目の優勝をして金メダルとトロフィーをもらったフランス代表選手たちはとても幸せそうで、表彰台の上に降ってきた優勝を称える金色の紙吹雪が雨で選手たちの身体にくっついていたのも、キラキラとしていてきれいに見えました。フランスの方々、ワールドカップの優勝おめでとうございます!

ところで、今大会の日本代表の試合の行われていた頃は、私は、勝村政信さんが司会を務めるテレビ東京の「FOOT×BRAIN」というサッカー番組でセルジオ越後さんの解説を聞くのが好きでした(深夜の番組なので、録画をしておいたものを後で見ていました)。セルジオさんの解説は「辛口」とも言われていますが、ジーコ監督の頃までは、テレビのスポーツ番組などでも、解説者が日本代表の選手や監督をやたらに絶賛・称賛しないことや、日本代表の試合内容について批評(批判)することは、ごく普通のことだったように思います。メディアの中に批評できる空気がある時のほうが日本代表のサッカーが面白かったという印象が(にわかの)私にはあります。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム