FC2ブログ

「大恋愛~僕を忘れる君と」第6話

TBSの金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第6話を見ました。

結婚した小説家の間宮真司(ムロツヨシさん)と若年性アルツハイマーの初期段階と診断されている医師の北澤尚(戸田恵梨香さん)は結婚し、2014年9月、引っ越し会社の従業員の木村明男(富澤たけしさん)と小川翔太(杉野遥亮さん)の協力で新居に引っ越していました。真司さんは病のことでいろいろ気になってしまう尚さんが「ま、いっか」と気軽に思えるように明るく導いていました。病院では、担当医の井原侑市(松岡昌宏さん)が、バランスの良い食事と睡眠だけではなく、愛情によっても症状は回復するということを、尚さんと夫の真司さんに話していました。

真司さんがアップルパイを好きだと取材で答えたために大量に贈られたアップルパイを知り合いに配ることを考えながら、尚さんは、自分と真司さんのことが書かれた小説の『脳みそとアップルパイ』の続編を期待していたのですが、作者の真司さんは、出版された小説は自分たちだけのものではなくなったのだし、幸せな日々を小説にするのは難しいのだと、続きを書かない理由を尚さんに説明していました。少し寂しそうな尚さんに、真司さんは、子供を作ろう、捨て子だったから親子を経験したいと提案したのですが、尚さんは、記憶を失っていく母親に子供は傷つかないのだろうかと考え、すぐに答えを出すことができませんでした。

子供のことについて尚さんから相談を受けた担当医の侑市さんは、焦らずに話し合うことを勧めていました。それから尚さんは、治験を受けたいと侑市さんに話していたのですが、そこで侑市さんから、若年性アルツハイマーと診断されたことについて医学生たちの前で講演を行ってほしい、医師として力を貸してほしいと頼まれました。学生の教育のためと聞いた尚さんは、医師として役に立つならと講演依頼を引き受けました。

侑市さんと食堂で食事をしていた尚さんは、同じテーブルに座ってきた、侑市さんの担当患者の松尾公平(小池徹平さん)に話しかけられました。尚さんの名前を手帳に書き込む松尾さんの態度に少し戸惑っていた様子の尚さんは、松尾さんが自分と同じMCIの患者だと知り、講演を行ったこともあると知って少し打ち解けたのですが、松尾さんは講演をしたこと自体を忘れていました。

帰宅した尚さんは、治験を受けることにしたと真司さんに伝え、治験が効いたら子供のことを考えようと話しました。それから尚さんは、新しい小説を書いている真司さんの隣で講演の原稿を書き始めました。書いた後は、真司さんや母親の北澤薫(草刈民代さん)を相手に、原稿の内容を話す練習を始めました。尚さんの原稿には、産科医になって感動したこと、自分には必要ないと思っていた「恋愛」に今の自分が救われていることが書かれていて、何科の医師になっても慣れないでください、患者さんに寄り添う医師になってくださいと、学生たちに伝えようとしていました。

講演会の当日、真司さんは詠談社の編集者の水野明美(木南晴夏さん)が設定した取材のため、尚さんの講演に少し遅れることになりました。侑市さんと母親に付き添われて大学の教室に入った尚さんは、講演を始めることになったのですが、使おうとしたマイクのキーンとした音を聴いた途端、過呼吸になってその場に倒れ込んでしまいました。侑市さんによると、反射性失神だということでした。仕事を終えてタクシーに乗った真司さんは、尚さんが倒れて意識がないと連絡を受けて急いで病院へ向かったのですが、病室の尚さんのそばには、なぜか松尾さんがいました。真司さんは、松尾さんを押しのけて尚さんに呼びかけたのですが、目を開けた尚さんにはまだ真司さんを認識することができませんでした。

作・脚本は大石静さん、演出は棚澤孝義さんでした。

今回の第6話から第2章が始まりました。今回も良かったです。展開の早さもあって、最後まで面白く見ることができました。

侑市さんは、真司さんと結婚して良くなっていた尚さんの若年性アルツハイマーの初期症状について、この発作によってその進行が早まるのではないかと心配していました。

今回から、小池徹平さんの演じる松尾公平という、尚さんと同じMCIの患者の人物が新しく登場していました。MCIと診断されてから妻に逃げられたという松尾さんは、図々しいというか、馴れ馴れしいような言動で尚さんに接近して来る人でもあったのですが、もしかしたら松尾さんも、以前の尚さんのように、生き急いでいる人ということなのでしょうか。

尚さんと真司さんの日常が幸せそうだったので、その日常の物語に何か突然また不穏な出来事が入ってくるのはどうなのだろうとも思ったのですが、公平さんがただの変質者的人物でないのなら、この物語に登場する意味もあるのかもしれません。ドラマだからといってドラマチックな波乱万丈の展開にはならなくてもいいというか、尚さんと真司さんの穏やかな日常が壊されることがないといいなと思います。あるいは、平穏無事ではない波乱万丈は、尚さんの夢でもある真司さんの小説のためでもあるのかもしれないなと思います。

物語の後半である第2章がどのようになっていくのかは分かりませんが、次回の「大恋愛~僕を忘れる君と」も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム