FC2ブログ

「ノーサイド・ゲーム」第1話

TBSの「日曜劇場」枠の新ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第1話を見ました。初回は25分拡大版で放送されていました。

常務取締役営業本部長の滝川桂一郎(上川隆也さん)によるカザマ商事買収案件に反対する意見書を提出し、案件自体は取締役会で見送られることになったものの、その3か月後、東京都府中市の工場の総務部長として左遷させられることになったトキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋さん)は、工場の総務部長が兼務することに決まっていたトキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャーとなり、14億円という企業のラグビー部の予算としては少ない予算を“会社のお荷物”という理由でさらに削られようとしているアストロズを調査し、一度は滝川常務の希望通りに廃部にしようと考えるものの、部員の一人の佐々一(林家たま平さん)がそのために上司に命じられたサービス残業を引き受けてしまっていることを知り、社長の島本博(西郷輝彦さん)の愛するラグビー部の屈強で真面目な岸和田徹(高橋光臣さん)や浜畑譲(廣瀬俊朗さん)たち部員とぶつかり合う中で、ラグビー部に新しく生き直す希望を見出し、アストロズを世界大会で優勝させることを決意しました。

その決断には、学校で同級生の男子からバカにされている長男の博人(市川右近さん)が突然ラグビーをやりたいと言い出したことも影響していました。妻の真希(松たか子さん)は、ラグビーは危ないからダメだと反対していたのですが、君嶋さんは、息子の決意に感動し、ラグビーは仲間のために命懸けで戦うが、ラグビーにはノーサイドがある、戦いの後は相手を許すのだと伝え、理解したらしく頷いた長男を応援することにしました。

君嶋さんは、総務部の佐倉多英(笹本玲奈子さん)と会社の物流会社に出向することになった吉原欣二(村田雄浩さん)に、ラグビーが嫌いだと話していたのですが、その理由は、ラグビーで有名な大学に通っていた当時、同級生の男子大学生がラグビーが上手いというだけで女性にモテていたからというものでした。

アストロズが体調不良の前田利晴(藤本隆宏さん)に代わる新しい監督を探していた頃、別の自動車会社のサイクロンズというチームでは、監督の柴門琢磨(大谷亮平さん)が幹部の津田三郎(渡辺裕之さん)に突然解雇を言い渡されていました。その柴門さんこそ、大学生の君嶋さんが勝手に嫉妬していた大学ラグビーの選手だった人でした。

また、ニュージーランドのラグビーチームに所属していた七尾圭太(眞栄田郷敦さん)は、怪我のため、チームを離れて帰国することになったようでした。圭太さんも、いつかアストロズの一員になるということなのでしょうか。

脚本は丑尾健太郎さん、演出は福澤克雄さんでした。音楽は服部隆之さん、エンディングに流れていた主題歌は、米津玄師さんの「馬と鹿」という曲でした。

原作は、私は未読なのですが、池井戸潤さんの新しい小説『ノーサイド・ゲーム』です。

第1話を見た限りでは、池井戸潤さんの原作の「日曜劇場」のドラマとして、安定したドラマになっているように思いました。2014年頃のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」は企業の野球部(社会人野球)の物語でしたが、今回のドラマ「ノーサイド・ゲーム」は企業のラグビー部を舞台にした物語でした。

昨年の秋頃にNHKの「土曜ドラマ」で放送されていた「不惑のスクラム」も、大人たちがラグビーを通して生き直すドラマでした(村田雄浩さんと高橋光臣さんはそのドラマにも出演していました)。「不惑のスクラム」も「ノーサイド・ゲーム」も、今年の秋に日本で開催される予定の「ラグビーワールドカップ2019」を応援する企画の一環のドラマなのかなと思います。

死ぬかもしれないけれど仲間を思い諦めずに思いっきりぶつかっていく、というスポーツ精神は、もしかしたら、どの団体スポーツ競技にもあるものなのかもしれませんが、この枠のドラマとして多少の既視感はあっても、それなりに面白く見ることができるような気がします。私もラグビーというスポーツのことをほとんど知らないのですが、「ルーズヴェルト・ゲーム」の時と同じように、「ノーサイド・ゲーム」のドラマ自体は(登場人物が多いので全員を憶えることはできないかもしれませんが)気軽な気持ちで楽しく見ていくことができそうに思いました。冒頭の字幕によると、2017年の話のようでしたが、少しずつ現代の話になっていくのかもしれません。

ところで、これはドラマの内容自体とは関係のないことなのですが、この夜9時台の「日曜劇場」のドラマの初回が「25分拡大版」だったため、私はNHKのBSプレミアムの夜10時台のドラマ「ベビーシッター・ギン!」の第2話は録画をしておくことにしました。放送局側の事情があるとしても、一視聴者の私としては、どの回でも「延長」や「拡大版」ではないほうが助かります。私が言うことではないかもしれないとも思うのですが、「拡大版」にするくらいなら、通常の放送時間で1話か2話増やしたほうが良いのではないかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム