FC2ブログ

映画「未来のミライ」のことなど

昨夜、日本テレビの「金曜ロードショー」で放送されていた2018年公開のアニメ映画「未来のミライ」を見ました。

昨年の2018年の公開当時話題になっていた映画という理由で、私も少し見てみることにしました。「本編ノーカット放送」ということでした。

病院で生まれたばかりの妹が家にやって来てからというもの育児と家事に忙しいおかあさん(声は麻生久美子さん)と建築家のおとうさん(声は星野源さん)にほぼ相手にされなくなり、寂しさから両親と妹に対して不満を抱くようになった4歳の長男のくんちゃん(声は上白石萌歌さん)が、「好きくない!」と感情的に叫んだ時に現れる中庭の広葉樹の持つ“不思議な力”(白昼夢?)で家族が家族になる前の別の側面を知り、家族の一員として成長していく、というような物語でした。

原案・脚本・監督は、細田守さんでした。オープニングに流れていた主題歌は、山下達郎さんの「ミライのテーマ」という曲でした。

数年前にこの映画のタイトルと未来から「みらいちゃん」がやって来るという設定の話を聞いた時、私は昔のテレビアニメ「ママは小学4年生」(とても好きで見ていました)の、水木なつみちゃんの未来から来た子供の「みらいちゃん」のことを思い出し、この細田守監督のアニメ映画はそのアニメのことをヒントにして考えて作られたものなのかなと、勝手に思いました。本当のところは、分かりません。

映画紹介の字幕には「アカデミー賞ノミネート作品」と書かれていました。この映画を好きな方もたくさんいるのだろうと思うので、あまりいろいろ言わないほうがいいのかもしれないとも思うのですが、今度は面白いといいなと思って見始めた私には、このアニメ映画の面白さがいまいちよく分かりませんでした。

建築家のおとうさんが建てたという戸建ての家は、迷路のようで面白そうではあるのですが、階段の多い、「バリアフリー」には程遠い家のように思えました。

映画を見ながら一番気になったのは、4歳の「くんちゃん」の声が絵と合っていないということです。私には、合っていないように聴こえました。上白石萌歌さんが悪いのではなく、監督はどうして、4歳の男の子の声を“子供”の声ではなく普通の大人の女性の声にすることにしたのでしょうか。もしも「くんちゃん」が小学生だったなら、それでもいいのかもしれないと思うのですが、公園の場面に登場していた子供たちの声は子供の声、あるいは子供らしい声だったので、どうして主人公の「くんちゃん」だけ声が子供ではないのだろうと、少し不思議に思いました。

日本の旧来の家族観というようなものも、盛り込まれていたように思います。男性と女性が出会って、その女性が妊娠をして、二人の子供が生まれて、ということの繰り返しを“家族の歴史”として描いているものは他にもあるのだろうと思うのですが、それをあまり良いものと思うことのできない私には、昨夜に見たこのアニメ映画の“家族”も、何となく、例えば住宅会社や生命保険会社のテレビCMでよく見る“家族”のように見えてしまいました。

昔の私が見ていた「ママは小学4年生」のアニメが良かったのは(きっと今見ても良い作品なのではないかと思います)、なつみちゃんと独身の叔母のいづみさんだけではなく、なつみちゃんのクラスメートたちみんなで(未来から来た)赤ちゃんのみらいちゃんを見守っていたからだったのかもしれません。不思議な未来の道具も出てきましたし、SFもの、学園ものの作品ではあると思うのですが、ごく普通の小学生として学校に通う日常の中でみらいちゃんを育てながら少しずつ“母親”になっていくなつみちゃんと“子供”のみらいちゃんの親子の成長物語でした。絵もかわいかったですし、オープニングやエンディングの主題歌のクラシックな雰囲気も良かったのです。

映画「未来のみらい」の中で、高校生の未来ちゃんが幼稚園児の兄のくんちゃんのことを、「くんちゃん」ではなく、あくまでも「お兄ちゃん」と呼び続けていたのは、妹の未来の兄であることを強く自覚してもらうためだったのかもしれません。

0歳の未来ちゃんと犬のゆっこは、未来の未来ちゃんと人間の姿のゆっこが現れた時には消えるということだったのですが、主人公のくんちゃんは、未来の高校生の?くんちゃんと同時に存在することができていました。この設定の違いにも何か意味があったのかもしれないのですが、私にはその違いの理由がよく分かりませんでした。

この映画についてこのように思うのはあまり良くないことなのかもしれませんが(あるいは間違っているのかもしれませんが)、例えば、時々我がままで乱暴な少年になる欲求不満の4歳児のくんちゃんが、本当に怒りに任せて新幹線のおもちゃで0歳の妹の未来ちゃんを殴り殺してしまったというような、もう一つの怖い「未来」を止めるために、不思議な何かが、高校生の姿の“未来の妹の未来ちゃん”となって兄の前に現れたのかもしれないなという風にも、何となく思いました。

成長した未来の妹?が現れる話としては、数年前のテレビ朝日のアニメ「クレヨンしんちゃん」の、謎のしんこちゃんの回がとても面白かったです。しんこちゃんの正体は不明なのですが、成長した未来のひまわりのようでもありました。ある日「お兄ちゃん」になる長男の話としては、私は、羅川真里茂さんの漫画『赤ちゃんと僕』が好きでした。アニメ化もされていたようなのですが、私は漫画で知りました。登場人物の小学生のたちの複雑な感情も丁寧に描かれていて、とても良い作品でした。

私は数年前に見た細田守監督のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」も(その性的な雰囲気から)少し苦手に思えてしまっているのですが、細田監督のアニメ映画や新海誠監督のアニメ映画を見ていると、スタジオジブリの宮崎駿監督や高畑勲監督や近藤喜文監督、押井守監督、片渕須直監督のアニメ映画はすごいなと改めて思います(全ての作品を見たことがあるというわけではありませんし、個人的な好みの問題だと思います)。技術的なことというよりも、その物語性です。「クールジャパン」と称して政府も関わってきている日本のアニメは、本当に昔のアニメよりも内容が良くなっているのでしょうか。アニメ作品を時々しか見ていない私が気付いていないだけでしょうか。


ところで、これはアニメ映画とは全く関係のないことなのですが、この映画「未来のミライ」を見る前に何気なく見たNHKのEテレの「あしたも晴れ!人生レシピ」というトーク番組の、棋士の加藤一二三さん(ひふみん)の話が、とても良かったです。私はフジテレビの「アウトデラックス」が始まった頃にその番組の中で「ひふみん」のことを知り、面白い方だなと思ったのですが、そのひふみんさんの、神様を信頼し、失敗をしてもそれを悪いことだとは考えず、希望を持って喜んで生きるという、キリスト教の教えに基づいた誠実な話が、何だか感動的でした。良い話でした。ひふみんさんは、勝つことだけを良いとする考え方は怖いという風にも話していました。色紙には、「白はつでも実る」と書いていました。人生を最後まで楽しく、豊かに穏やかに生きようとしている加藤一二三さんは、すごい方だなと思いました。

あと、この日本テレビの映画「未来のミライ」の放送を見た後、私はテレビ朝日のスペシャルドラマ「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」の前編を見ました。私は、ゾンビの出てくる作品が基本的には苦手なのですが(気持ち悪くて、怖いからです)、小芝風花さん主演のNHKのドラマ「トクサツガガガ」がとても面白かったので、その流れから、小芝風花さん主演のこの「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」も、もしかしたら面白そうかなと、見てみることにしたのです。

街中を徘徊していたり近付いて来たりするゾンビたちの描写はやはり怖かったのですが、でも、ゾンビに噛まれた人がラッパーゾンビになって自虐的だったり社会風刺的だったりする「ラップ」を歌い出すというところが妙に面白くも思え、物語のテンポも良かったですし、前編は最後まで楽しく見ることができました。後編も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム