FC2ブログ

「TWO WEEKS」第5話

フジテレビのドラマ「TWO WEEKS」の第5話を見ました。

東京地検港南支部所属の検事の月島楓(芳根京子さん)が止めるを聞かずに警視庁桜田西署の刑事の有馬海忠(三浦貴大さん)が発砲した直後、結城大地(三浦春馬さん)は橋の上から海に転落したのですが、有馬刑事の発砲は威嚇射撃で、大地さんは撃たれたわけではありませんでした。

警察が海を捜索しても見つからなかった大地さんは、ある漁村の港に漂着しました。白血病で入院中の娘のはな(稲垣来泉さん)のぬいぐるみはポケットの中にありませんでした。港に倒れていた大地さんは、近所の子供・晴人(鳥越壮真さん)とその父親の室岡峻治(村上淳さん)に助けられました。峻治さんは、9年前、実業家の柴崎要(高嶋政伸さん)に殺されそうになっていた男性でした。女性と一緒に逃げようとしていた峻治さんに頼まれて、大地さんが見逃したのでした。

峻治さんは、自分は殺していない、ここへ置いてほしいと訴える大地さんが、またも柴崎に追われているということを知ると、今すぐ出て行けと強く言ったのですが、大地さんにも子供がいてその子の命を守るために逃亡生活を送っているという話を理解し、また晴人さんの頼みもあって、大地さんを自宅の納屋に匿うことにしました。

しかし、そこへ、大地さんの行方を捜す有馬刑事たちがやって来ました。有馬刑事は、誰もいない様子の室岡家のドアが開いていることに気付くと、何かを察し、部下が止めるのを無視して室内に侵入しました。大地さんは、その気配に気づき、峻治さんが用意してくれたリュックサックを持って逃げる支度を始めました。警棒を構えて室内を物色していた有馬刑事が、納屋の戸を開けると、そこには家の主の峻治さんがいました。峻治さんは、息子に大地さんを案内させ、大地さんを逃がしました。

大地さんを港へ連れて行った晴人さんは、大地さんが失くしていたはなさんの黄色のクマのぬいぐるみを大地さんに渡し、父親が発見したのだと教えると、これで約束を守れるね、と娘のはなさんに会いに行こうとしている大地さんと別れました。

晴人さんと別れた直後、大地さんは、柴崎の手先の暗殺者・灰谷(磯村勇斗さん)に襲われました。目を覚ますと身体を拘束されている自分の目の前にクラブのオーナーの久留和保(池田鉄洋さん)と柴崎がいました。柴崎にデジタルカメラがどこにあるのか言うよう脅された大地さんは、ある人に預けている、自分に何かあったらデータを流すよう頼んであると言い、殺害を免れました。

大地さんは、連行される途中、突然落ちて来たドラム缶や鉄パイプの束に柴崎たちが怯んだ隙に、その場を逃げ出しました。灰谷に追い詰められ、船の陰に隠れていた大地さんに救いの手が差し伸べられたのですが、それは検事の楓さんでした。

港町に来る前、楓さんは、検察事務官の角田智一(近藤公園さん)と共に、はなさんの母親の青柳すみれ(比嘉愛未さん)に会いに行き、はなさんのドナーとなっている人物が父親の結城大地であることを聞きました。また、大地さんがすみれさんに電話をかけてきた話を聞いた楓さんは、結城大地は冤罪を晴らすために逃亡しているのではないかと考え始めていました。そのような時、柴崎が乗っている車を見かけていました。

脚本は山浦雅大さん、演出は本橋圭太さんでした。

第5話も、面白かったです。

殺し合いになりかけていた三浦春馬さんの演じる大地さんと村上淳さんの演じる峻治さんが、子どものことを考えて思い止まる場面も良かったです。

大地さんを「おじさん」ではなく「お兄さん」と呼んでいた晴人さんも、恋愛要素取り入れた短編童話を作っていたはなさんも、同じくらいの年齢だと思うのですが、小学校高学年か中学生でもいいのではないかというくらいしっかりしているので、そのようなところに多少の違和感がなくもないのですが、このような子供たちは現実の世の中にもいるのかもしれないなとも思います。

はなさんは、有馬刑事との結婚を決めた母親が大地さんと写っている写真を破り捨てたのを見て、父親は生きていると考えたようでした。

大地さんの「逃走中」の緊迫感が続いていて、エンターテインメントのドラマとして面白いです。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム